モランボン本店5月3日オープン

  • 2017.04.27 Thursday
  • 23:41

 おや爺は、30年以上前に、焼肉のたれジャンで有名なモランボンが経営していたモランボン調理師学校の朝鮮料理専攻科にかよっておりました。その後、モランボンの会社で、肉の勉強を始め、とてつもなくお世話になったのでございます。その間の事情についてはブログにも何回か記事にしております。その時の縁で、料理研究家のジョン・キョンファ先生や朝鮮食文化のチョン・デソン先生といまも時々お世話になっております。と云っても自分に用事のある時だけ突然連絡するという不届きな上にも不届きな馬鹿者でありますが……。

 

 さて、朝鮮飯店モランボン(いまは朝鮮飯店はつけないようです)には、ミシュラン二つ星を連続でとり続けた・目先の商売を度外視した高級店・神宮前店がありましたが、その営業(?)を終えて、今度は創業の地・府中に、5月3日本店を新たにオープンすることになりました。そのスタッフの顔ぶれを見て仰天したのでございますね。

 わ、わたしがいた頃の諸先輩ではございませんか!! な、なんてこったい〜!!詳をご覧ください。

 でっかく顔写真まで出ておりますがな!

 竹内さん、小向さんに上村さん。

 竹内さんは、モランボン味の研究所で肉の勉強をしていたのときにお世話になりました。一月ほど彼の部屋に居候したことがありますな。その間失敗したチヂミを毎日嫌になるほど食べさせ続けたので、いまも恨みを抱いているらしく、去年会った時にもいまだにしつこく言っておりましたな。

 

 小向さんは、神宮前店の総料理長のとき、わたしの肉の師匠の中島先生ご夫妻・竹内ご夫妻と一緒にお会いしました。以前突然店に小向さんから電話があって、肉の修行をしていた頃の・わたしがすっかり忘れていた話をされて、驚いたことがありました。あれはうれしかったです。そんなふうに思われていたなんて知りませんでしたよ。上村さんは、その当時の朝鮮飯店モランボンの旗艦店・新宿店のチーフでした。調理師学校同期の・京都のOが、上村さんのもとでしごかれておりましたね。厳しいと、いつも愚痴を言っていましたっけ。あっ、これヒミツだっけ、ヨンギ?ちゅんセリザワさん

 近いうちにぜひ行きます!!手

 

 

モランボン本店
住所 〒183-0055 東京都府中市府中町1-7-2
さくら食品館 4F

電話番号:042-365-4121

 

 

 

 

 

 

 

 

24日から27日まで4日間お休みです。

  • 2017.04.23 Sunday
  • 01:53

 4月24日から27日までの4日間はお店はお休みです。5月1日を除くゴールデンウィーク中は営業いたします。よろしくお願いいたします。

 

第一印象

  • 2017.04.20 Thursday
  • 16:05

 新年度のNHKビジネス英語初回のミニエットは、始まりにふさわしく「first impressions 第一印象」でした。

 

 ビジネスでもデートでも最初の印象は大事だというのです。以下ような注意を喚起しておりますね。アメリカのビジネスシーンでのお話しですが……。

 

―⊃Δ量明椶任△譟∈能蕕離如璽箸任△譟第一印象は途方もなく大事である。

第一印象を形成するのに、最近の研究で7秒必要。その後の時間は第一印象を正当化するために使われる。

8任ぐ手は良い印象を与え、弱々しく握れば消極的な印象を与える。

だ儷謀、前向きであるボディランゲージとして、腕を組まない、前かがみにならない。

ソ斗廚平擁と会うときは、地味で落ち着いた服が最良である。

α蠎蠅般椶鮃腓錣擦襪海箸論深造気慮修譴任△襦F瓜に知的で有能に見える。

派手すぎてもいけないし、注意をひきたくてたまらないように見えてはいけない。

 

 どうですかぁ〜、みなさん! おや爺はどうかって?すべてダメですな。日常生活でまず、第一印象の記憶がない人生を送ってきております。何故か? まず人の顔を見れないのでございます。なんか恥ずかしいのですね。今もつきあっている古くからの友人たちの初対面の印象すら一つとして覚えていませんね。わたしにとって初対面はまるで重要ではないと申せましょう。従って、わたしの初対面の印象も多分碌でもないものなので、忘れて頂きたいものでございます。

 

 ただアルバイトの面接のときは仕方なく顔を見ますが、うわの空ですね。英語を話すときは顔を見ます。そうしないと英語圏の人は変に思うから仕方ないのでございますね。何せだと思う人だらけですからねぇ。文化の違いは恐ろしいもんです。

 の握手については気にしない日本人が大半ではないでしょうか。朝鮮・韓国人は握手する習慣があるので少しは気にするかもしれませんね。わたしはこれをアメリカ人のJさんから教わりました。かれは日本人と握手すると力が入っていないときが多くて、死んだ魚を触っているみたいだと言ったのです。わたしは日本人ではないけれど、欧米の価値観が絶対のように感じられて、ちょっとカチンときて、説明しました。日本人は握手する文化に慣れていないということと、手に対して、圧感(prerssureやfirmness)より、温感を意識・重要視するのだと。

 まったくもぅ、強い者が無意識に自分の価値観を絶対と思うのは、戦争のはじまりとすら思うおや爺でありますね。暑いhirasan

 

 ミニエットの最後のお言葉。

remember, you never get a second chance to make a first impression.(だいじなことは、第一印象を与える機会は二度と訪れないということだ。)

 

 こ、これは、おや爺に対する脅し文句ですがな!!Docomo_kao18Docomo_kao18

 

詩の旅:もし ラドヤード・キプリング  (『もしも、詩があったら』より 

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 11:11

 バイクで旭川に行ったとき、こども富貴堂へ寄った。アーサー・ビナードさんの本を買った。本当は、そこで出会った美しい上にも美しい元素写真図鑑を、喉から手の出るほど欲しかったのだが、大学以来の友人を亡くしてから、もうこれ以上どでかい本を買ってもいづれ処理に困るだけだと思うと逡巡してしまった。英語の原版を買うことにしようと無理やり納得して、かわりに買った本が小さな新書版の『もしも、詩があったら』だった。アーサーさんが日本語訳した・バリエーションに富んだ詩が満載の本だ。アーサーさんの訳がすばらしいので、読むたびに新しい発見があって、幾何の証明問題を、新たな別のやり方で解いている気分になれるのだ。

 全編、if(もしも)をばねに、詩を、社会や生きることを、語るという内容だ。

 

 「はじめに」からいい詩が載っているのだが、ここではアーサーさんがifを使った一番の力作かという・「雨ニモマケズ」のますらおバージョンに当たるとも書いているラドヤード・キプリング(ジャングル・ブックの生みの親)のものをまず紹介したい。

 

 「説教くさい内容にもかかわらず、語りのうまさで読者を飽きさせず、抽象的であっても本人の豊かな人生経験がすべて裏打ちしていることが分かる」とはアーサーさんの弁。

 

 松下幸之助や石田梅岩、ビル・ゲイツなどの・いまも綿々と続く人生出世哲学や相田みつおに、ある時はかぎりなく近づくように見えながら、遠く隔たっているのは、社会の流通観念に依存しないで、自立した個人の価値観を信じて社会を生きぬこうとした人間の言葉が、ひとりの人間の中で、十分に反芻され、ひとつの鮮明な像となって紡ぎだされているからなのだろうか。

 

  もし  ラドヤード・キプリング

 

もし、きみが落ち着いて行動できるならー

たとえまわりの人間がみんなパニックに陥って

きみに非難を浴びせたとしてもー

もし、きみの力を信じるものがいなくても

自分だけを信じて進んでいけるのならー

同時に過信しないで、自分を疑い続けられるなら―

もし、延々待たなければならないときでも

待ちくたびれることなく、たとえ陰で悪口やウソを

いわれても、それを返さず、ウソの売り買いにとりあわず、

もし、人に嫌われようとも、人を嫌うことなく、

また八方美人を演じないで、生意気な口も

利かずに歩んでいけるのならー

 

もし、夢を一生懸命追いかけながらも

夢に支配されずに生きていけるのなら―

もし、つねにものごとを深く考え、でも

考えるだけで終わりにしてしまわないのならー

もし、勝利の女神がほほえんでくれても

災難が降ってきたとしても、そのどちらも真に受けず、

当てにならない相手として等しくつきあえるのならー

もし、自分が発した真実の言葉が、ずるい連中に

歪曲され、人をひっかける罠に使われたとしても、

一生かけて作り上げてきたものが無残に壊されても

古い道具を手にとり、もう一度ゼロから

こつこつ建てなおしていけるのなら―

 

もし、自分がそれまでに勝ちとったものすべてを

一回のコイン投げの運に賭けることができるならー

そしてそれが外れたとき、初心に返り再出発して

自分の損失に一切、一言も触れずにいられるならー

もし、心臓も神経も筋肉も衰えたのち、精神力だけで

体を奮い立たせ働かせることができるのならー

もし、持ちこたえられる力などどこにもないのに、

「もちこたえるんだ!」という意思が

あきらめを知らずにねばってくれるのならー

 

もし、群衆を相手に演説をぶつ身となったとしても、

俗物になりさがることなく、国王や皇太子と交際しても

庶民の感覚をずっと持ち続けることができるならー

もし、敵にも、愛する友にも、すきを見せず

深手を負うことなく触れあっていけるのなら―

もし全ての人間の価値を認めた上で、かたよらず、

だれも買いかぶらずに見極めることができるのならー

もし、情け容赦のない時間の流れの中で、一分一分を

その六十秒いっぱい全力疾走できるのなら―

それなら

この地球は丸ごと

きみのものだ。

そして息子よ、そうなったら

きみは一人前の男と言えるのだ。

(訳:アーサー・ビナード)

 

 う〜ん、になろうと思ったことなど一度もないけど、普通の人々すら、やくざになってしまうこんなネット社会で、一人前の人になるのは難しいよ。(・∀・)○

 

岩見沢産蕎麦粉を探しています。

  • 2017.04.13 Thursday
  • 21:42

 少し前のブログで紹介しましたが、長年取引のあった秋山米穀店さんが3月いっぱいで店をやめられました。岩見沢産蕎麦粉の製粉は秋山さんだけだったので、今精養軒の手打ち高麗雉冷麺は、幌加内産の蕎麦粉で打っています。

 

 写真では分かりにくいですが、麺の色が相当変わりました。今はどちらかと言うと更科蕎麦系に近づいていると思います。←更科系日本蕎麦好きのわたし好みではありますが……。岩見沢市役所の地産地消をすすめられている農務課の方にご協力を仰ぎながら、岩見沢産蕎麦粉を探しておりますので、もうしばらくお待ちください。

 蕎麦の味を感じるように、スープには濃口醤油を使わず、白醤油を使っているので、いつもよりやや透明になっておりますね。

 

歯の話:TCH(歯列接触癖)

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 09:41

 以前に歯の治療を受けたことを2度ほど書いております。(歯の根が腐るをご覧ください)

 よく読まれている記事なので、歯でお悩みの方も多いのでしょうね。さておや爺は、ラーメン屋さんでのヘンなきっかけ(contact)から、比較的新しく開業した幌向のへんみデンタルクリニックさんに行っております。そこで歯の治療を受け、カウンセリングルームに呼ばれます。本棚があります。おや爺の悪癖の一つに、他人の本棚を覗くというのがあります。←これは非常に猥褻な趣味と言わねばなりません。セリザワさん そこにはあな懐かしや、ハーパーの生化学なんて本があります。生化学はいろんな学部にまたがる分野ですが、学部や研究室によって流派があるんでございますね。hirasan ちなみにおや爺は今は亡きレーニンジャーの生化学でございました。訳本なかったような……。X線写真やらいろんなデータを使って、説明を受けました。ここの若い先生は非常に丁寧で、痒いところまで(う〜ん、歯医者だけに痛いところまでか?)、孫の手(歯科医だけにドリルか?)10本が届くほどの説明でございます。ちゃんと治療を受け、データ的にも問題のない処置にもかかわらず、硬いものを噛んだ時の歯の痛み・違和感が止まらない。

 

 考えられるのは、TCHだとおっしゃるのです。昔銀河発生のメカニズムで、THO理論というのがありましたが、TCHは聞いたことがありません。概略こんなお話しでした。

 

 「TCHは、tooth contacting habitの略です。歯を失う原因の一つとして、虫歯・歯周病の他に、いま注目されているものです。ネットにもかなり出ているのでよかったら調べてくださいね。歯ぎしり・歯を食いしばるばかりが、歯を失う原因ではなく、普段の日常生活で、歯同士がが無駄に接触しているだけで歯や歯茎に負担がかかるのです。いろんな原因が考えられますが、ストレスもその一因です。

 

 喫煙の習慣は、吸うことで心が安定してストレス解消になっているんです。それと同様、歯を接触させることで無意識にストレスを解消させる習慣になっています。(おや爺こころの声:それって依存症addictじゃぁ!ムスっ)

 おや爺さんの歯と舌の写真・噛みあわせを調べると、その可能性が高いので6月まで経過観察しましょう。」

 

 歯ぎしりがなんで、ただのcontactなのかと思ったら、接触する行為全体をさすんですね。世の中知らぬことばかり。お願い 確かにネット検索すると山の様にヒットします。日本の学者が命名したようですね。わたくし、普段は口を開けて、ぼ〜っとして、人の話も聞かないうわの空男でございます。ちゅん 歯を接触していない生活しておりますが、口を閉じた状態では、どうも無意識のうちに歯同士を接触させている模様であります。たぶん口を閉じるという行為そのものが、うわの空男にとって、過酷なストレスになっていると思われますね

 

 最後に先生、防ぐ方法も伝授してくださいました。

 「TCHを長年研究されている先生の講演を聴きに行ったんですが、その先生の研究では、一番金もかからず確実なのは、部屋に『歯を噛まない火』と書いてお札を貼ることです。」←すげぇ、社会主義国家みてぇ。Docomo_kao18Docomo_kao18

 

 いまのところ貼っておりませんが、気をつけます。皆さん、最悪、常に口は開けておくようにね。\(^^)/ヒャッホ~でも寝ている時に歯ぎしりしていることがあるかも……。

アメリカと有志国連合のシリア空爆報道

  • 2017.04.10 Monday
  • 12:21

 いっしょにバイクでツーリングをしたり、映画を観たり、家族でお泊まり会をしたアメリカ人の友人が、国務省の試験を受けたことがあった。その試験勉強をしていた時だろうか、アメリカがかかわった戦争の話を彼がした。もう記憶に薄れているが、ベトナム戦争はアメリカでは戦争ではないというのだ。あんなに人が亡くなっているのに何で? と聞くと、アメリカでは憲法(もしかして法律)で決められている手順があって、ベトナム戦争はそれの手順に沿っていないのだと言われた。だから正確にはwar(戦争)ではなく、紛争(conflict)という位置付けなんだ。これが正確な話かどうかわからない。

 

 ジャーナリストの辺見庸によれば、「アメリカは1776年の独立以来、対外派兵200回以上、原爆投下を含む、非人間的作戦行動のほとんどについて、国家的反省をしたことがない」という。その中には、グレナダ作戦(1983年)がある。たぶんハリウッド映画にもなったのではないだろうか。

 政権内親ソ派によるクーデターに怒ったアメリカが7000の兵を投入して首謀者を逮捕、クーデターを鎮圧した。当時グレナダは、人口9万、軍隊・数100名程度の最貧国だったのだ。アメリカにいた辺見は、そんな弱っちい国に勝利をおさめたアメリカがアメリカ中で特殊部隊を英雄視し、国中が湧きかえる光景を慄きながら観たのだった。

 

 今年に入って、先月26日にもいわゆる<イスラム国>の拠点を奪還するという名目で、アメリカ軍と有志連合がイラク・モスル市街地を空爆し、市民100人以上が死んだ。その中に子どもも多数いたのだ。誤爆だと報じられているが、アメリカ軍は事故(アクシデント)と言っている。そもそも市街地を爆撃して、市民が巻き込まれないはずはない。

 

「この戦争(アフガンなどの対テロ戦争)の戦費は膨大である。毎月10億ドル(毎月! 1100億円!!)以上費やしてきた。アフガンで証明されたのは、高価な精密兵器は敵を負かし、罪のない人々を助けるということだ。こうした兵器がもっと必要だ。」

 このあと100万単位の避難民が、ヨーロッパに流出した。このにわかに信じられないほどあけすけで、身も蓋もない演説は、アメリカ上下院合同会議で、当時ブッシュ大統領が、勝利宣言と並んで、陶酔しながら行った一般教書演説のひとくさりを、辺見が引用したものだ。当時小泉首相が、この戦争の支持を表明していた。

 

 この中の精密兵器とは、トマホーク、バンカーバスター、ディジーカッター、クラスター爆弾、などがあり、今や味方・地上軍兵士すら放射能物質でむしばむ、劣化ウラン弾まであるのだろう。これらの精密兵器をほぼ無制限に先進大国が思うままに使用し続けることは国際世論では黙認され、シリアのアサド政権が化学兵器を使って子どもを含む自国民を空爆したとして、非難できる・ブシュ大統領の後継者・トランプ氏や、それを支持する有志国連合の理論的根拠がどうしても理解できない。

 仕立てのいい背広を着た・ジョークもうまく飛ばす(ブッシュ大統領はたしかに冗句がうまかった)・礼儀正しい(知らないけど、たぶんそうでしょう)勝ち組が、思うままに正義の名目で、ただ世界を破壊し、潜在的なテロを拡散させ、戦争の脅威を増大させているだけに思えてくるのだ。辺見の言うように、悪魔以上に、善魔ほど狂気に満ちたものはないのだろうか。

 

 外に出ると青空が広がっていた。春霞も解け、少しだけ色が濃くなった青空。世界はつながっているはずなのだ。どうしてそう実感できないのだろう。実感できるときには、もう戦火がすぐ隣まで広がっているのだろうか、それとも、そのときには、この空がシリアの方まで遠く広がっているのだろうか。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 店長出村のブログ:4月の防火管理講習
    おや爺 (04/08)
  • 店長出村のブログ:4月の防火管理講習
    わし (04/04)
  • 店長出村のブログ:4月の防火管理講習
    わし (04/03)
  • 2017年あけましておめでとうございます。
    おや爺 (01/01)
  • 2017年あけましておめでとうございます。
    argon (01/01)
  • 今冬も恐るべし、豪雪岩見沢。アルゴン氏乱入
    oyajii (12/19)
  • 今冬も恐るべし、豪雪岩見沢。アルゴン氏乱入
    おや爺 (12/18)
  • 落語好き詩人のアーサー・ビナードさん 突然の来店
    おや爺 (11/04)
  • 落語好き詩人のアーサー・ビナードさん 突然の来店
    わし (11/03)
  • 詩の架け橋:詩集『あの日から』 曳地奈穂子
    おや爺 (09/16)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM