休日の楽しみ:朝鮮の民謡 江原道(カンウォンド)・アリラン チョー・ヨンピル

  • 2019.03.27 Wednesday
  • 02:22

 え〜、何度も書いておりますが、休日は家族で奥さんの手料理と、生協で夜7時に半額となったお刺身を食べながらユーチューブを観るというのが定番でございます。先日のお休みに息子が教えてくれたチョー・ヨンピルのアリランが、何かと感慨深く、なかなかイケていたのでございます。

 

 アリランというのは朝鮮の代表的な民謡で、各地域にそれぞれ独自のアリランがあります。アリラン峠という、朝鮮に実際には存在しない峠を越える物語です。一度ブログで真壁仁の詩・『峠』紹介したことがあります。

 江原道(カンウォンド)アリランはその中でもとくに有名なバリエーションです。アリ、アリラン、スリ、スリランなんていう語呂のいい合いの手が入って、聴いたたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 実はわたくし,どんな曲も聞くんですが、演歌だけは苦手。『釜山港へ帰れ』で有名なチョー・ヨンピルも苦手。ですが、これはいいですなぁ。バブル時期の、今では金泥臭い躍動感・余りと言えば、あまりなイケイケ肩パッド・自信溢れる時期(?)のチョー・ヨンピル。1990年代の政治的に少しづつ自由になりつつある韓国の空気も感じられます。ちょっと音質が悪いのが玉にキズですが、どうぞお楽しみください。

 民謡版k-popです。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM