ゴーンさんのこと

  • 2018.11.24 Saturday
  • 23:57

 ゴーンさんの金銭にまつわるニュースが連日報道されております。おや爺の奥さんも激しく憤慨をしておるのでございますが、今一つなんだかなぁ〜、と思ってしまうおや爺であります。詳しく記事をよく読む気にもなかなかなれないところはなぜなんだろう。

 

 好きか嫌いかといわれると、10mの棒の先でも近付きたくないタイプです。大赤字の日産を立て直した立役者ともてはやされ、女優と一緒の写真でにこにこするツーショット(和製英語ですが……)やら、いかに大胆にコストカットするかと、とくとくと各種雑誌・新聞にインタビューが掲載されるたびに、わたしのようなまっさきに首を切られる人間は鼻白むのを抑えきれませんでした。

 どれほど多くの下請けを泣かせ・潰し、多くの社員をリストラという名の首切りをし、その家族を泣かせたのか。そんなことはツユも知らせず、多くの新聞がもてはやしていました。わたしも経営者のはしくれだから、そういう事態になるかもしれません。こっそりするかもしれません。でも少なくても偉そうにコストカッターを誇りにし、若い娘と一緒の写真に納まり声高に語るなどという真似は、死んでもしたくない行為です。どう考えても、恥ずかしくて墓場の中まで隠して持っていきたい話だからです。

 

 そういう経過に比べれば、ゴーンさんが何をしていようと、何をいまさらな気がどうしてもしてしまうんですよね。日産の現・元役員たち,新聞雑誌が、堰を切ったように、彼はあれもやった、これもやっていた、と騒ぎ立てても、大事な証言なんでしょうが、ちょっと待ってよと言いたくもなります。ゴーンさんを取り巻く情況を眺めるたびに、ミルグラムのあの有名なアイヒマンテストに引用されたC.P.スノーの言葉を思い出し、おまえも言えた義理か、と問われている気がしてきます。

 

 『暗く陰惨な人間の歴史を振り返ってみると、反逆の名において犯されたよりもさらに多くの恐ろしい犯罪が服従の名において犯されていることがわかるであろう。』

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM