2018年夏の詩の旅:無題 ポール・エリュアール

  • 2018.08.11 Saturday
  • 01:16

 エリュアールは大好きなシュールレアリスト詩人のひとり。共産主義に入れ込み、独裁者・スターリンを称賛する、びっくりするほどつまらない詩を書いたことも含めて、好きな詩人です。わたしにとって、間違った生き方をしたことがあることは、必ずしも大きなことではありません。まぁ、わたしが碌でもない生き方をしてきたので言えた義理じゃないぜってことですが……。

 

 この詩は親友の結婚式で、ベートーベンのピアノソナタの第二楽章に合わせて朗読したことがあります。人前で何かやるというのは絶対嫌だったんですが、その友達とは言葉で言えないくらい、の付き合いだったので……。でもひどいもんでしたね、朗読とはいえないものでしたがな。(TT)以後絶対人前ではなにもしない、とこころに固く、固く誓いました。

 

 無題の意味をこの詩から学んだと思います。題すらつけないことで、すべてのものと自由に結びつこうとしているような気がしたのです。無題は英語でno titleですが、titleは肩書という意味もありますね。肩書と無縁なことで、結びつくこともあるよなぁと思いました。ここでの<すべてのもの>は、ナチス支持のヴィシー政権下の、エリュアールの命をかけた生き方を思えば、すべての虐げられるもの・悲しみの中にあるものへの、(ひととしての幸せや自由をもとめる)実践的な横のつながりということです。

 最初の妻ガラが、友人の美術家サルバドール・ダリの元に出奔し、失意のエリュアールが、運命の人・ニューシュと巡りあいます。その頃の詩です。きわめて私的な出会いが、直接的に、広く世界と渡り合うという、いかにも行動の人、自由の詩人・エリュアールらしい詩です。

 ふたりが結婚したのは、1934年の夏のことでした。

 実はニューシュを題材にした詩がいっぱいあります。シュールで、エロティッシュなものもあって、いいんですよね。

コメント
エリュアールの詩集を買いました。読んでいます。
ガラは知っていましたが、元夫のエリュアールを全く知りませんでした。
  • ワイン好きの料理おたく
  • 2018/08/17 4:02 PM
ガラを知っていらっしゃるってことは、ダリから入っていらっしゃったってことかしらん。ダリの女神として有名でしたからねぇ。エリュアールはガラがダリの元へ行った後もちょっと切ない手紙を書いたりしていますね。

 わたしは、なだいなだの訳で、エリュアールの自由と言うすばらしい長編抵抗詩を知ったのが最初でした。原詩を読みたくてフランス語に手を染めましたがすぐあきらめました。その後フランス文学・詩にちょっと入れ込むきっかけにもなった、懐かしい・わたしには特別の詩人です。ブログに何回か書いていましたのでよろしかったらご覧ください。

http://blog.seiyouken.moo.jp/?day=20090401
http://blog.seiyouken.moo.jp/?eid=1097567
http://blog.seiyouken.moo.jp/?eid=1187693
  • おや爺
  • 2018/08/18 7:50 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM