お店を始めて60数年、お客様からの嬉しい絵ハガキ

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 10:43

 精養軒の創業は、何時かよくわかりません。保健所の古い倉庫に行けば営業許可証の記録があるそうですが、忙しい保健所の方にそげな小さいことで迷惑もかけられません。その上昔は、そういう点ではおおらかだったのでしょう、営業許可を取らずに営業していた飲食店がいっぱいあったそうなので、その記録も正確な創業日だとはいえないようです。

 まぁ、生きるためにアボジ・オモニが始めた大衆店ですからね。そういうもんでしょう。精養軒らしいと言えますねぇ。ただわたしの兄が小学校に入る前には始めていたので、とうに60年は過ぎているのは間違いないところです。

 

 先日おまかせのコース料理で、20数名様の宴会がありました。おまかせのコースはお客様の話をお聞きして作るので、責任重大です。コース料理を始めて10年以上経とうとしておりますね。

 病院のカルテのように、その度に、料理ごとのお客様の反応、残されたもの等を記録してデータとして保存し、次のご予約のときの貴重な記録として生かすことになります。

 昨日そのお客様から絵葉書きが届きました。それがこちらです。

 (写真のお肉は、特選和牛サーロインとシャトーブリアン(ヒレ中心部)の組み合わせです。精養軒で、特選和牛ポーターハウス・スペックとしてお出ししています。特選和牛史上初? 腰椎の尖突起・横突起の、わたしの肉部位説明に笑ってらっしゃいました。)

 

 う、うれし〜!! 早速ミーティングで、働いているみんなに報告しました。皆さん、自分の仕事にちょっと誇らしげ・うれしい笑顔です。絵葉書き写真付きの・おまかせのコースの礼状は精養軒創業以来初めてです。う〜、いろいろあるけど、お店をやってよかったです。G様ありがとうございます。精養軒を選んでくださった上に、こんなこころのこもった超強力ビタミン注射のような礼状まで頂いて、わたしどもの方こそお礼申し上げます。

 ありがとうございました。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM