こころの筋トレぁД蹈ぅ筌襦ΕΕД妊ングstand by meから

  • 2018.05.21 Monday
  • 19:32

 

 イギリスのロイヤルウエディングに何の興味もなかったのだが、奥さんが、式でスタンド・バイ・ミーを歌って評判になっていると教えてくれた。

 

 スタンド・バイ・ミーはアメリカのベン・イー・キングがオリジナルだが、わたしの大好きな映画のタイトル()や挿入歌になったり、カバーが世界中の有名歌手によってされている。その中でもジョンレノンや忌野清志郎のものが、わたしには別格に好きで、ブログにも紹介したことがある。ストリートミュージシャンのものも友人のフィリップ丸尾から教えられて気に入り、ブログに載せた。後にTVCMに使われたらしい。

 

 今回ユーチューブでロイヤルウェディングの映像を見たが、それよりもわたしのこころに沁みたのは、アメリカのトレイシー・チャップマンのライブ版だった。昔英語を勉強していた頃、アメリカのトークショウをよく見ていた。その中でもデビット・レターマンはジョークが面白くて、よく分かりもしないのに見ていた。そこに彼女が出て歌っていた。ジョンレノンのカバーを最初に聴いた時、これ一曲でスタンドバイミーの映画一本分の中身を表現している気がしたが、チャップマンのはまるで違う。

 チャップマンの・普通なら盛り上げるところを、感情の高ぶりを抑えたカバーを聞いたら、驚いたことに涙がこぼれそうになったのだ。ふつうstand by meは、そばにいて、くらいに訳される。その通りなのだが、静かに、高ぶりをわざと抑える誠実な歌い方に、今わたしが練習している心理臨床技法・こころの筋トレの<感情のモニタリング>の主体自己のありようを思い出させたのだ。

 

 ひとは悩みを抱えはじめるとき、悩みの種があるから悩むが、それはただのきっかけにすぎない。問題は、つぎつぎに悩みの種を見つけだして、悩むこと自体すら悩みになるという二重構造を伴いながら、雪だるまのように悩みを主観的に加速化させる。いわば悩みの多重債務が常態化することなのだ。

 悩みを抱える者だけが努力すると言ったのはゲーテだったか。これは至言だが、かと言って、努力で悩みをなくすことはできない。

 

 日本の誇る、独創・実践の老碩学・河野良和氏は、人間の持つ最大の能力・観念的自己疎外(観念的二重化)を、感情のあり方に用いて、感情をコントロールする技法を発見した。感情に振り回される対象自己を、観念的主体自己が<ゆるく気づく>ままに意識することで、<自分の身体と心と向き合う時間>を豊かにできる、意識効果の原理だ。わたしはこれを、その場その時(here and now)の生きている感情のキャッチ・アンド・リリース(釣りで魚を捕まえて海や渓流に流す行為)と、勝手に呼びたい気がする。

 

 悩みを持つものは、誰も助けてくれる人がいないと思いがちだ。だが、本当は、見えていないだけかもしれないし、とうの自分が助けてくれる場合も確かにありうるのだ。

 チャップマンの抑えた静かなギター、誠実で・感情ゆたかな歌声と、歌い終えた後の少し後ずさるような笑顔が、こころを込めて、そう歌っているようにわたしには聞こえる。

stand by me

ぼくがいる きみがいる

 

when the night has come
and the land is dark
and the moon is the only light we'll see
no i won't be afraid, no i won't be afraid
just as long as you stand, stand by me
夜が訪れ

大地は暗闇に蔽われる

月のかぼそい明かりだけになっても

ぼくは怖くない 怖くないよ

だってきみがいるから きみがいるんだから
and darling, darling, stand by me
oh stand by me
oh stand
stand by me
だから ねぇきみ ぼくのそばにいて

いつでも ぼくのそばにいて

ぼくのそばに


if the sky we look upon
should tumble and fall
or the mountains should crumble to the sea
i won't cry, i won't cry, no i won't shed a tear
just as long as you stand, stand by me
あのいつもの空が

突然

崩れ落ちて

見上げていた山々が がらがらと

海に崩れ落ちても

泣かない ぼくは泣かないんだ 涙なんて見せない

だってきみがいるから きみがいるんだから

oh darling, darling, stand by me
oh stand by me
oh stand
stand by me
だから ねぇきみ ぼくのそばにいて

いつでも そばに

ぼくのそばに


oh darling darling stand by me
oh stand by me
oh stand
stand by me
stand by me
stand by me
stand by me

だから ねぇきみ ぼくのそばにいて

ぼくのそばに

きみはぼくだから

ぼくは

きみだから

きみ

ぼく

だから 

 (チャップマン採詞・訳:おや爺)

 

コメント
だから ねぇきみ ぼくのそばにいて
きみはぼくだから
ぼくは
きみだから 

この最後のリフレーンの訳はおや爺さんの工夫ですか?
詩の奥行が広がります。

言葉の意味に囚われてしまう私はこんなふうに訳せない。


チャップマンの優しい温かみのある歌とギターは最高でした。
夜中にしんみり聴きました。
ありがとうございました。



  • ワイン好きの料理おたく
  • 2018/05/22 4:05 AM
 いつもコメントありがとうございます。いいですよね、チャップマン。どの歌手もこの曲で力を入れるところを、彼女は内面に語りかけるように歌っていますよね。そこからそんな訳にしました。訳す時は言葉の背後の岩盤に触れられたらなぁっていつも考えています。

 訳すことに迷っていた頃、argonさんという方から、プロでも間違うんだから、どんどん訳してみたら、とコメントされたことがありました。プロ中のプロ・詩人のアーサービナードさんにも見られちゃったし、もはや怖いもんなしです。と言いたいところですが、いつもひとりであ〜だこ〜だ訳している時は楽しいですが、ドキドキもしていますね。

 ドラムが入ったバージョンもあるんですが、ギター1本のこちらがこころに沁みました。

 迷惑をかけるので基本好きなものしか訳さないことにしています。
  • おや爺
  • 2018/05/22 9:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM