2018年、初代・二代目元バイトのG・Hさん夫婦から、恒例の春の頂きもの

  • 2018.04.19 Thursday
  • 20:35

 寒かった4月の北海道もようやく、春を迎えた今日この頃でございます。

 精養軒のバイト1号・2号である埼玉在住のGさん・Hさん夫婦から恒例の親戚の裏山から掘った筍が送られてきました。今年も相変わらず巨大な筍。たぶん泣きながら実際掘り起こしたのは、旦那の初代バイトG坊。後ろで監督していたのが二代目バイトH公でございましょうな。筍の先が濡れていたのは旦那の涙でありましょう。ちゅんちゅん

40cm越えです。

 今回も、米糠と赤唐辛子入りで至れり尽くせり。あとはこちらに自腹で来ていただいて、背中に担いだガスコンロで茹でて頂ければもっと楽チンになるおや爺でありますな。hirasan

take3.jpg

 高麗雉スープに鰹節の軽い香りの出汁に一晩漬けた筍。精養軒の手打ち冷麺の返しで炒めた、老舗だるま屋さんの独特の小揚げ。出汁で炊いた北海道の誇る<ゆめぴりか>。なんと言うことでしょう!! おや爺のやうにお上品な筍ご飯、召し上がれ。お願い 190円です。品切れの大人気でございます。

take4.jpg

 旬の筍のお刺身姫皮つき・チョヂャン添え(490円)写真撮りに失敗。後日載せますね。こちらも大人気でございます。

 いつもありがとう。また遊びに来てね〜。おじぎ

コメント
私も千葉県のタケノコをおすそ分けいただきました。
タケノコご飯、美味しいですね。
タケノコのお刺身、シンプルに醤油とワサビでいただきました。
旬がなくなった野菜が多いんですが、この季節だけのタケノコは存在感があります。
  • ワイン好きの料理おたく
  • 2018/04/21 8:19 AM
醤油と山わざび。いいですねぇ。チョヂャン(コチュヂャンの酢味噌和え)もけっこういけますよ。そうですね、この時期だけの筍は存在感がありますよね。特に一生懸命バイトしてくれた人たちが掘って、送ってくれたものは……。
  • おや爺
  • 2018/04/21 8:28 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM