春の詩:水仙 ウイリアム・ワーズワース

  • 2018.03.08 Thursday
  • 16:09

 

 けっこうまだ真冬日が続き、雪も降っていますが、この岩見沢も、日差しはすでに春の装いです。

 春の詩と言えばイギリスでしょう、というのも変ですが、このワーズワースばかりじゃなくブレイクなんて、『春 spring』まんまの有名なものもありますからね。イギリス人にとって冬がよほど過酷な感じなのかしら。行ったことがないから分からないけど……。

 

 いかにも青春(?)の甘い匂いを感じさせつつ、春を待ち望んだ、ゆったりした詩ですよね。←ホントに甘いにほひなの、青春て!!hirasan

 なんか、瞑想に使えそうなほどリアルな幸福感ですな。

 原詩(抜粋)は以下です。技法を駆使した詩を前にして、翻訳はあまりに無謀な行為なので、止めました。我ながら恐ろしいことしてるなぁ、おや爺って!お願い と、とりあえず、すみません、て神聖な何かに謝っておこう……。アセアセ

Daffodils
 

I wandered lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils:
Beside the lake, beneath the trees,
Fluttering and dancing in the breeze.

 

Continuous as the stars that shine
And twinkle on the milky way,
They stretched in never-ending line
Along the margin of a bay:
Ten thousand saw I at a glance,
Tossing their heads in sprightly dance.

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM