今年初めての自家製タンボクチャン(朝鮮の味噌)作り。そして最後かも……。

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 00:01

 大豆もやし栽培用に農家の松本さんから大豆を50kg買ったので、それを使って、今年初めて自家製のタンボクチャン(朝鮮の納豆系豆味噌)を作ることにしました。松本さんちの大豆を使った自家製日本味噌はすでに店長が作っています。

 30年近く学生時代に買ったゼネラル製炬燵(もう40年以上前のやつ)を使って発酵させていました。先日精養軒に程よいサイズの小型発酵器をネットで見つけたので、もしかしたらこれが最後の炬燵発酵になるかもしれません。←火事の心配もありますからねぇ、何せ40年前の暖房器具ですからねぇ。ムスっ

 

 今回は二種類の枯草菌で行きます。韓国でも最近はタンボクチャンの激烈な臭い(納豆の百倍は臭い)を嫌う若い人が増えて、臭いの少ないものが出ております。と言ってもけっこう臭いとパートのFさんの弁。

 

 まず松本さんちの美味しい大豆を茹でます。

 水切りを洗浄殺菌してリードペーパータオルを敷き、熱々大豆を入れます。それから韓国と日本のを区分けして接種。

 その後ゼネラル炬燵発酵器へ入れて、毎日発酵状態を確認します。どうなるかなぁ〜。うまくできるといいな。お願いお願い

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM