精養軒前へ:特撰和牛焼しゃぶ弁当ニンニク不使用タイプ発売です。

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 23:00

 おととしの暮れに朝鮮・韓国人経営者の焼肉会議があり東京へ行ってまいりました。目的は、会議そのものというより、会議に出席して講演される朝鮮・韓国料理史や料理学を専門にしている碩学・チョン・デソン先生と会う約束をしていたからです。発酵食品に関しての情報を得るためでした。その話は別の機会に譲ります。

 

 その会議で、高級焼肉店の雄・叙々苑の社長朴泰道氏の講演がありました。今爆発的に叙々苑の焼肉弁当が売れているそうです。同じビル内のとある大企業の会議に焼肉弁当を注文されてお出しした後の話をされました。社長曰く「さすが叙々苑、非常に美味しく頂いたけれど、その後の会議室がニンニクの臭いで大変だった。」

 その後、その会社で弁当を注文することはなかったことから、朴社長は、ニンニク抜きでも変わらず美味しい叙々苑弁当を開発して、今爆発的に売れているとおっしゃっていました。帰ってひそかに何度かチャレンジしました。

 

 当店でもお持ち帰り弁当として、特撰和牛弁当を何種類かご用意しておりますが、今までナッツや乳製品を抜いてほしいと言われたことはありますが、ニンニクはありませんでした。イタリアンや、現代のフレンチも相当ニンニクを使いますが、そういう注文があるのだろうかとふと頭によぎります。今どきニンニク抜きの料理というのも古い気がしたのも事実です。

 そして先日とうとうできればニンニク抜きの弁当がほしいという注文をお受けしました。←おぅ、岩見沢もとうとう東京並みになったか!! 電話口では、抜けるものと抜かないものがある旨を伝えて了解を取りましたが、頭の中ではすべてニンニク抜きを描いて再チャレンジを開始しました。

 次いでに弁当のしおりも新たに作り変えました。

 

 中はこんなことになっております。(注:撮り忘れたので以前の中身です。今回の和牛はA5ランク・別海産。オレンジの代わりにグレープ:フルーツ。サラダは、タラのバジル風味のムニエル、海老・イカに自家製山ワサビドレッシング)

 メインの特選和牛肉の質ばかりではなく、副菜のバラエティ度は全国の焼肉弁当にないものと自負しております。比較的清涼な北海道の土地柄ということもありますが、個人店の強みとも申せましょう。

 

 チャレンジがいのあるご注文ありがとうございました。手

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM