久しぶりのお食事会

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 11:34

 新しいバイトが来たり、長くいてくれたバイトが去るときやご苦労様会などを名目に、お店の休みにときどきお食事会をしておりましたが、ここしばらく忙しく、またバイトの日程が合わず、なかなか開けませんでした。今回も国家試験の勉強や学校の授業などで二人ほど欠席でございます。29日のお店の休みの日にようやくやることができました。包丁を贈ってくれた元バイト・Iさんも参加です。

 

 左、お食事会とはいえ、新人にジュース類の取り換え指導。右、世界一周中の元バイト・Aさんがハンガリーから送ってくれたワインも頂きます。高校生のMさんは持つだけね。手

p6.jpg p4.jpg

 ロースターに置いているのはワインと一緒に送ってくれたハンガリーのお菓子です。

p5.jpg

 

 まずは出村店長の挨拶から。辞められたT橋さんと国家試験勉強中のKさんは遅れるとのことで先に始まります。

p7.jpg p8.jpg

 

 お食事会で店のものを食べてもらって、実際の味を知り、お客様に自信を持って説明できるようになってもらうのも目的の一つです。和牛焼しゃぶと特選和牛に、「うっまっ!」の声が上がっておりました。自家栽培もやしナムルも喜ばれておりましたね。

 

 最近精養軒では特選和牛のサーロインとヒレの組み合わせ・ポーターハウス・ステーキ(この写真は位置が違います)をお任せでお出ししておりますが、アメリカ産との肉質の違いを見てもらいました。左がアメリカ産です。写真ではありませんが、オースト産も食べました。

p3.jpg

 

 仕入れ業者のFさんからエゾ鹿肉のロースをもらったので、東京でイタリアンを経営している・元バイトのWさんから調理方法を聞いてやってみました。Wさんの話では、表面を焼いて、レンジ低温で加熱しないと硬くて食べられないとのこと。ハニーマスタードソースを作って食べてみました。焼肉には匂いが強くて食べられないんじゃないかなとのことでしたが、まったくそんなことはなくやわらかく臭いもない感じです。ただ食後に微かにラム臭がするかもって言う感じです。たぶん、完全なジビエではなく、後肥育をかけた鹿肉のせいだと思いますね。でも最上級A5ランクの背ロース並の値段ですからね。値段に対応する素材そのものの価値はないかなって言うのが大衆焼肉店主の率直な感想ですね。多分都会のイタリアンやフレンチで、少しの量を物語を込めて調理しなければ売れないと思いました。

p1.jpg p2.jpg

 

 皆さんバイト中は無駄口もせず真面目で、歴代バイトの中でもお褒めの言葉をかけられることが多いメンバーばかりです。でも、でも、お食事会のときはどうでもいい恋ばなに盛り上がるただの高校生・大学生であることがよっく解りましたがな。←おや爺にはとんとわからない話しになってしまいました。ぐすんぐすん

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM