今さらでしょうが、アマゾンのテレビCM

  • 2017.11.25 Saturday
  • 01:29

 昨日、奥さんから、なんのきっかけからか、アマゾンのテレビCMが話題になっていると教えられた。バイクが出ているというのだ。もう何十年も日本では、ヤクザなバイクの出るCMなど放送されたことはないのではないか。これは見なくてはなりますまい。

 テレビのない生活を30年近く送っているので、テレビのある人には、このCMはいまさらかもしれないけれど……。

 ユーチューブで見ましたよ、早速。いい、いいじゃぁありませんか!!手 とりあえず見てない人のために。3篇ありますが、ライダーおや爺としては、やはり最後の作品(映像2分25秒から始まります)が、グッときますねぇ。最初の作品は、誰の曲かわかりませんが、歌詞と内容が実にうまく合っていて、、やはりなかなかのもんです。(:ユーチューブの映像が消えていたので差し替えました。ライダー編だけの映像です。)

 孫が注文したヘルメット、おばあちゃんが若い時かぶっていたメットと同じ星マークなのに気付きましたか? むかし流行ったんですよね。そして、居間に置かれた・おばちゃん夫婦が若い頃買った山水のステレオセット。ステレオが家具ですわ、当時流行りましたなぁ。映像の細部がものすごく細かく、凝っています。ただ短いから仕方ないんだけれど、1分半かそこらのCMに、アマゾン・ワンクリックが画面いっぱい、ちょっと主張し過ぎって気がします。もう少し片隅のワンショットで、日本的な一歩下がって主張する奥ゆかしさがあるとさらにイケてる気がするのはわたしだけ? 

 

 ユーチューブのコメントを見ると、日本のCMは素晴らしい、ということが強調されています。確かにすばらしいけど、何も日本ばかりだとも思えませんねぇ。アメリカや、イギリスにもいい作品がいっぱいありますね。以前このブログで紹介して、日本ではあまり知られないまま終わったのは、会社自体が日本になかったせいなのかしら。7分の映像の中で一瞬だけ、CMのメモリー会社の製品が出ます。よかったらこちらもご覧ください。自分が何気なく思っている<日本だけ的日本的>が、あながちそうでもなくて、<ユビキタスな人間的>であることに気づかされ、ハッとします。

 A Memory to Remember 記憶のプラットフォーム

 亡くなった旦那さんの声が刻まれたメモリーを手渡された後、女性と駅員の最後あたりのセリフがいいですねぇ。

老駅員:are you goin' somewhere? やはり、行かれるんですか?

老婦人:well, yes. i can go on from here now. えぇ、そうね。前に進まなくては。

老婦人:i have my memories. 思い出が刻まれているんですもの。

 老婦人の過去に沈んでいた記憶(メモリー)が、過去を生きるためではなく、今を生きるためにあると教えてくれる静かな会話。楽しいものであれ、哀しいものであれ、それは変わらない、ひとのあり方のような気がします。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM