店長出村のブログ:さっぽろオータムフェスト

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 08:28

   9月上旬から9月末まで開催していたさっぽろオータムフェスト。毎年ちょこっとだがブラブラするのが好きである。北海道の短い夏が終わって残暑があるかないかの頃、まさに夏から秋への変わり目、自分の中では季節の変わり目は身体に現れるので、『あぁ、もう秋かぁ〜』と実感できるのである。鼻づまり、手肌の乾燥、これが秋の始まり。うんざり。皮膚科で処方されている保湿クリームとポケットティッシュが手放せなくなる季節の到来。そう思うとやはり夏が好き。

 

   大通り公園で端から端まで10丁くらいに渡り様々なブースがある。たとえば5丁目では全道からラーメン店が1杯700円に統一して地域の有名店がテナントを連なる。オータムフェスト期間中に4回に分け、1店舗5日〜6日で入れ替わる。1杯の量が少し少なく、色々食べ比べが出来る様になっているのだが、それで1杯700円なので、簡単にあれもこれもと食べ比べが出来そうで出来ない真実。これが500円ならやってみようと思うのだが。

   調理師の専門学校の同期がカジュアルフレンチバーの店長として働いていて、毎年オータムフェストに出店していて、平日の昼間でなかなか忙しそうにしていた。ちょっとお高めな商品が多く買ってあげることが出来なくて申し訳ない気持ちがある。

 

 

   この日一番行列が出来ていたのが、新篠津村のこのブース。いちごをメインに出していて、可愛くあしらっているし、流行りの『インスタ映え』する商品だからなのだろうか。若い女性が多く並んでいた。

 

   それとは別の日だが、札幌の大通り公園のすぐ近くにある居酒屋。そこの店長さんは、私と中学校時代に同級生だった友人である。なのでたまに顔を出す。1人でも行きやすい店ということもあり、30分しか時間がないけど、と、一杯だけ呑みに寄ることもある。

   自分は全く覚えていなかったが、その人は私が将来は調理師学校に行きたいと言っていたらしく、それに影響されて友人も調理師学校に進学したという。それでお互いに飲食業をしている事が嬉しいとか言ってくれるのがまた私も嬉しい。

「儲かってまっか?」「ぼちぼちでんな」

   会えばこういう会話が最初にくる。関西弁ではないけども。

   だが、そのオータムフェストの時期は「ぼちぼちでんな」の答えが返って来ない。どうしても人の流れはそっちに行ってしまうという。夏のビアガーデンが開催されている時も同じ答えが来る。それでもさすが札幌の中心街。十分混んでいるように見えるのだが全然そうでもないと言う。

   オータムフェストは出店料は高いけど、混んでる店は売り上げは相当あるみたい。なので、「イベント期間中は店を閉めてそっちに出店したいなぁー」とぼやいていた。おそらく本音だろう。そしてそれだけ良くない影響が付近のお店には襲いかかっているように思える。

 

   イベント等に参加していないなら、それに対するさほど影響されない、もしくは相乗効果で人の流れをさらに呼び込む為の店作りを考えていこうなどなど少しばかり真面目な話しをし、後はくだらない昔ばなしに花を咲かせて帰路に着いた9月の夜。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM