落語へのお誘い

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 22:57

 休みに温泉につかりに行ったときEテレを見ました。落語入門:落語the movieという番組でした。落語は一人でやるものですが、それを映像と重ね合わせて、落語を楽しむ入口にしてもらうという発想です。なかなか良くできておもしろいものでした。探したらユーチューブにあったので、ご覧ください。

 さて申すまでもなく落語は日本独特のものです。独りでいろんな役を演じる、扇子一つでいろんなものを表現するなどの色々な約束事があります。普段わたし(たち)はそれを当たり前のように、何気なく受け入れていますが、落語文化のない人たちにとっては、当たり前ではありません。それは、次の英語で解説する落語をみるとよく分かります。分かりやすい英語なので、ちょこっと我慢してみてください。結構面白いもんです。こういう映像をみると、落語って憲法9条と並んで、日本が世界に誇る文化だと思いますね。手

 ついでに以前このブログで紹介した落語『たが屋』もユーチューブで見つけたので載せます。時間のない方は6分50秒からご覧ください。

 

 五代目志ん生版もあるのでよかったら聴いてみてください。志ん生の枕を聞くと、江戸時代の侍が、テレビや小説で描いているより、本質的には野蛮で、現代の『葉隠れ』なんて冗談じゃないって思っちゃいますね。ところで現代のお侍さんて誰なんだろう? おらぁ、商人(あきんど)でけっこうざんす。hirasan

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM