2014年の旅のはじめに:紙風船 黒田三郎

  • 2014.01.01 Wednesday
  • 18:03
paper-baloon.jpg
 古くからの友人Yが、一度、いい詩がないか、と尋ねてきた。20年ほどの間に店に置いた詩と自分の解説(印象)を書いて送った。その中に黒田三郎の短い詩・紙風船があった。お返しに、彼は自分の今まで授業に使った詩を本にまとめて送ってくれた。わたしの紙風船の解説に、作家の柴田翔が同じようなことを書いていたぞ、と褒めてくれた。

 わたしが同じことを気づいたのは、もちろんわたしの感性が鋭いからでもなんでもなく、別のきっかけがあった。この紙風船はわたしの学生の頃、フォークグループ・赤い鳥が曲をつけてヒットした。学生の間で結構歌われていたのだ。わたしもそうだったが、たぶんほとんどの人は、途中、転調する前までの歌詞しか知らないのではないか。
 いいメロディーだな、と思いながら、転調後の歌詞(何度でも/打ち上げよう/美しい/願いごとのように )を知らなかったから、詩として成立する理由がわからなかったのだ。

 その後黒田三郎の詩に入れ込んで、この紙風船を発見したときは驚いた。あの歌は黒田三郎の詩だったのか。同時に歌と詩の違いも考えさせられた。

 この詩を最後まで読んだ時の違和感は、題名と最後の二行にあると言っていい。普通わたしたちが何度でも打ち上げるものは、紙風船であり、<美しい願いごと>ではない。だから日常現象の論理で言えば、題が、<美しい願いごと>になって、最後は<紙風船のように>とならねばならないはずである。

 けれど、先の戦争で徴兵され、南のジャワ島で、大半の仲間が飢え死や狂死してゆくという、悲惨な敗走戦を経験し、ひとり生き残った黒田の内部で、無意識に、ありうべき感性(本質)の論理が、生じた。わたしたちの、こわれやすく美しい願いごとは、当たり前のように何度でも、たとえ現実に一時打ち砕かれようと、繰り返し、高く打ち上げられるべきだという強い思いがあるために、一見現実と逆転した論理が生まれたのだ。その決意がこの詩の成立を構成していると思う。まるで、太陽が東から出て西に沈む現実(現象)に、地動説と言う本質的な解答を与えたガリレオみたいな詩だと思った。


 赤い鳥の<紙風船>では、この最後の二行に連なるところは転調している。歌としてはしょうがないのだろうが、転調させたことで、詩の中にあった、<美しい願いごと>の思索的構成力がなくなってしまったことは否定できない。
 この短い詩の、何げない日本語の等時的リズムの中で、最後に出てくる、黒田の体験的歴史をかけた
<美しい願いごとのように>は、冬の夜空にうかぶ星々のように輝いている。

 四半世紀前に、つれあいとわたしの結婚を祝う会を東京でやってもらった。何か歌うように言われて、伴奏もなくふたりで歌ったのがこの歌だったことを、いま突然思い出した。まさかこんなキナ臭い時代が来るとは思いもしないで。たぶん短い歌だからだろうが、どうしてあの時この歌を歌ったのか、ほんとうの理由をもう思い出せない。(後でつれあいに聞いたらおどろいたことに覚えていた。歌う前に、わたしが理由を人前で少し話したと言って、教えてくれた。でもちょっとはずかしいので秘密にしておきます。) 
 東北、福島で、原発や地震で避難を強いられる人びとや、偽装された<民意>の標的にされる人びとをこころに刻み、ささやかでも一歩ずつ前へ進む精養軒でありたいと思っております。

 元旦は2日からの営業です。本年もみなさまのお越しをお待ちしております。
new-year1014.jpg

dec2.gif dec1.gif
 お店のカウンターバックを、お正月は和風で迫ってみました。←つれあい。
手
コメント
おはようございます。8月生まれの子どもたちへの詩のプレゼント、何がいいかな、そうだ「紙風船」にしようと思いました。ひと手間をさぼって、ネットで検索したら、あっという間におや爺様のページに。一昨日の今日なので、「美しい願いごと」のことを思ったりしていたのです。そしたらまあ、きっと以前読んだはずのおや爺さまの記事がなんかどんぴしゃりでした。
でも、何もできない、声も出せないでいる大人の自分をとてももどかしく思います。……
今日で8月も終わり。よい秋をお迎えくださいね。
  • わし
  • 2017/08/31 4:29 AM
 古い記事を読んで頂いて、ありがとうございます。昨日このブログに出ているYと一緒に温泉に行ったので、偶然に、驚いております。
  • おや爺
  • 2017/08/31 11:25 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM