常連・T様:『ここは、つくづく……』

  • 2017.02.03 Friday
  • 00:01

 だいぶ改善されたとはいえ、相変わらず人手不足の・休みの多い精養軒です。29日は日曜日にもかかわらず、新人2人を含む少ないスタッフでやっておりました。いらしたお客様ができるだけ気持ちよくお食事ができるよう過密なご予約をとらないことにしていますが、当日ご予約なしに来店されるお客様も多い日でした。新人に理由も含めてできるだけ丁寧に教えながら、新しく来店されたお客様のオーダーをとり、片づけや網の取り換え・掃除があります。新人はちょっと緊張しながらお客様の対応をすることになります。

 

 当店は、うれしいことに追加注文が非常に多い店なので、ベルで呼ばれる度に、バイトや店長・家族がこま鼠のように椅子席・小上がり席・カウンター席・厨房と全力で動き回わります。その日は焼肉料理ばかりではなく、チヂミにチゲ、サムゲタン、麺料理3種・和牛コラーゲンビーフなど単品の韓国料理も多い、ひと組で一気に40品目注文されるお客様もいていつも以上に全力疾走でした。←実際は走りません。セリザワさん

 

 リニューアルしたカウンターを、ご予約で指定される常連のF様が、それをご覧になられていたのでしょう。しみじみ話されました。

「ここは、つくづくいいスタッフばかりだね。」

 お客様に注意を受けることもあります。いいバイトだとお褒め頂ける時もあります。けれど<つくづくいいスタッフだ>を言われたことは初てでした。嬉しくてすぐバイトに伝えました。

 

<何といっても<つくづく>ですからね!手 みんなパッと表情が明るくなります。見てくれる人がいる、というのは本当にひとにとって大事なことだとあらためて思いました。お客様と従業員。立場は違い年齢も異なります。でもそれぞれ、大袈裟に言えば、同じ時代を生きているひとなのです。仕事を終えたバイトを家まで送る車の中でも嬉しくて伝えました。

 

「いいスタッフだって言うのは、いい仕事をするってことだよね。それがただいい仕事じゃないんだぜ。つくづくいい仕事をするっておっしゃったんだ。よくよく見て、いろいろ考えても、いい仕事をするってことだよ。普通は社会に出て、いい仕事をするって褒められるんだよね。でもみんなは、社会に出る前につくづくいい仕事をするって言われたんだ。これはすごいアドバンテージだよね。つくづくなんて、ヒマな店では言われないよね。スタッフがいっぱい余っている状況でも言われないよね。こんな評価を受けるんなら、忙しく人手の足りない店の仕事っていうのは、疲れるばかりじゃなくて、みんなの自分自身でもまだ知らなかった力を引き出す・将来の役に立つなって思うんだよ。」

 

 バイトに入って3回目くらいの、まだ洗い場しかやっていない新人のMさんにも話しました。

「わたし(←おや爺のこと)、洗い場の仕事好きなんですよね。どうすれば早くきれいに洗えるか、どの順番で洗えばいいのか、いつも頭をフルに使って、全力疾走するのが、われながらやった〜、って感じがするんだよね。」

 ドラマーで、合唱部の新人Mさんの思いもよらなかった発言。

 「わたしは洗い場しかまだしていないから、他の仕事は知らないけど、洗い場の仕事は、カッコイイと思います。」「即断即決でやるって感じです。」

 

 おぅ、あなたの返事がカッコイイ!! おや爺、洗い場の仕事が好きだとは思ったけど、カッコイイだったんだ。そうだよね、自分の中で、本当は思っていて、うまく言えなかった気持ちをひょいと目の前に短い言葉で差し出してくれた!!心境。

 

 F様、ありがとうございました。店の者全員が一日が素晴らしく終えることができました。

 Mさん、新人侮りがたし。お二人の言葉、おや爺の言葉の宝箱に入れておこう。

院生で、音楽家の執事・廣島、時間通りに現る。

  • 2017.01.14 Saturday
  • 11:05

 元バイトで、東京の大手に就職も決まり、人生最高の極楽の日々を送っている・大数学者オイラー好き大学院生・廣島さんからもともと予約が入っておりました。二人というので、どうせ男同士だろうと思っていたのでございます。

 

 廣島さん指定どおりに来ました。さすが人生を謳歌しているヒマ人ですな。一方もう一人がなかなか現れませぬ。遅れること一時間強。ついに御大登場です。

 

 おう!! こ、こりは!! 

 元バイトで、ドイツはハンブルクに音楽留学しておるオーボエ奏者・◎本さんではありませぬか! 聞くとちょっと里帰りとのこと。二年前、必要に迫られていたドイツ語。そのドイツ語を勉強すると吐き気がするとのたまわっていた彼女。今ではすっかりドイツ語もできております。執事の広島さんを1時間前に待機させて堂々の登場です。日本にいた時より少しふっくらして健康そうです。すぐ日本に帰って来るかと心配しておりましたが、杞憂でしたねぇ。それにしても、来てくれてありがとう。やはり元バイトで、ノルウェー帰りの中村さんと二人で、オーボエのデュオを精養軒で必ず実現してもらいますからねぇ。

 ドイツのお土産をしっかり持って写真撮りざんす。左はお供の廣島さん。よけろと言ったのに一緒に写真を撮りました。hirasan

いい味出してるバイト歴代一位・S井さんのソウル旅行記:海外の文化に触れて

  • 2016.03.09 Wednesday
  • 15:42
旅行記前のいつものおや爺注:精養軒では長くバイト・パートをしてくれた人に韓国旅行をしてもらいます。数日間とはいえ、日本とちがう国に触れるというのは大事なことだと思うからです。精養軒の料理と現代韓国料理の違いも知ってもらうことも大切だと考えています。今までは、対象者全員、一緒に行っていたのですが、忙しい時代になってきたのか、就活など、それぞれのスケジュールが合わなくなり、少人数で分けていくことにしました。女子の引率は韓国語を使えるつれあいが、男子は出村店長が引率します。  海外旅行へ行く前のおや爺からのお願いはいつも同じです。
 ‘本での価値観(あり方)を絶対視しない。韓国の価値観を絶対視しない。違いと同じものがあること楽しむ。
 日本と同じように、韓国もいい人も、悪い人もいる。
 2燭あっても、すぐに互いの民族性のせいにしないで、失敗も楽しんでください。
 いや爺のブログの記事、韓国人の民族性?を読んでもらう。

 S井さんは海外はすでにイタリアに行っていますし、日本国内もけっこう美術館巡りなどをしているようです。韓国の見知らぬおじちゃん親切お節介波状爆弾攻撃や、おばちゃんの買え買え攻撃に、S井泣きの二枚腰反撃も書いてほしかったなぁ。

 こんにちは
初めまして、元バイトのS井と申します。
 私は教育大で4年間美術を学びながら一年間精養軒で働かせていただきました。
今回、有難いことに韓国旅行に連れて行ってもらったので感謝の意を込めて旅行記を書きます
 一度書いた記事がパソコンのエラーで全て消えてしまったのでスラスラと書けます・・・。
Docomo_kao18Docomo_kao18 小まめに文書を保存しながら書いてるので安心しています。hirasan

 さて、この旅行で感じたことを【トイレ事情】、【料理】、【美術】の三つに分けてお伝えします。
 まずは【トイレ事情】から。事件は初日の夜に起きました。トイレの水を流そうとレバーを引くと流れるはずの水がどんどんと増えていきます。なんかまずいな・・・と思い少し様子を見ていると少しずつ便器から水が溢れていきます。洪水だ・・・と一瞬フリーズしてしまいましたがすぐにフロントにSOSを求め対処してもらいました
 韓国ではトイレが詰まることがよくあるそうで、トイレットペーパーも水に流さないそうです


 駅やお店にはこの張り紙があります。ハングル語で読めなかったのですが右側の黒いトイレ救済グッズとゴミ箱の絵ですぐにわかりました。やはり、絵と数字で伝えるというのは世界共通のものだと思います。

 次に【美術】です。
 私は美術を学んでいるので韓国の美術館巡りを希望していました。たくさんの美術作品が見られて感謝です!
 その中でも気になったのはアラリオミュージアムです。昔は建築事務所として使われていたそうで建物全体が迷路のようになっているのでとても面白かったです。今回は現代作家グループ展でした。その中には日本の作家や世界的に有名な作家も展示してありました。

 この作品は確か韓国出身のアーティストでブラウン管テレビを3台積んで真ん中に弦を張り、チェロのような楽器になっていました。未来の楽器でしょうか。

 あとは、大学路(テハンノ)にある梨花洞路上プロジェクトも魅力的でした。民家の壁や階段に絵が描かれていて町全体がアートに包まれています。てくてくと歩いて楽しめました!これは文観光部によるもので約70人の作家と民家が協力して作られたそうです。



 壁にはお花や俳優の似顔絵が描かれていて隣に座ったり、抱き着いたり、しているような写真を撮ることができます。

 最後に【料理】です。
 旅行中はたくさん様々な料理を食べさせていただきました。どれもおいしかったのですが、2日目で食べたトッポッキはとてもおいしかったです。トッポッキといえば甘辛いタレに絡ませて歩きながら食べるものだと思っていましたが、今回食べたものは激辛スープにトッポッキ、ラーメン、ゆで卵、タンミョン(春雨)などが入っています。それを食べた後にご飯とチーズと海苔を入れて食べます。タッカルビも最後はご飯を入れて食べましたが、これがまた病み付きになるくらい美味しかったです。



 もう一つ韓国に行ったら飲みたかったものがありました。それはオミジャ茶です。「五味子」と書くのですがこの名の通り甘味、酸味、苦味、塩味、辛味があるといわれています。精養軒でも自家製アイスクリームのオミジャ味でお出ししています。お茶だとどんな味がするのかなと気になっていたのでお茶屋さんで飲ませてもらいました。見た目は綺麗な赤で、味はとっても酸っぱかったです!ビタミンCが豊富で風邪予防に効果的だと思います

 以上、S井の韓国レポートでした!
 海を挟んで隣の国の文化に触れて、日本と共通する部分もあり違う部分も発見できました。とても貴重な体験をありがとうございました!
 精養軒でお世話になったたくさんの方々・お客様、準備をして連れていってくださった奥さんありがとうございました!!

2016年北海道教育大学岩見沢校卒業制作展(岩見沢駅舎内)に行ってまいりました。

  • 2016.02.18 Thursday
  • 16:43
 店の休みに、差し入れを持ってブログで紹介した卒業作品展に行ってきました。その日は、肺が痛くなるほどの、とてつもない寒風でしたが、夕焼けがきれいでしたねぇ。写真を撮るにはちょっと遅すぎたみたいです。
g1.jpg
 バイトのS井さんの作品が正面にド〜ンとありました。作者と一緒に写真を撮りましょう、せっかくですからね。
g3.jpg
 『山のあなた』という作品です。これって、しゃれ? いい角度でとろうとしても、わたしの腕ではちょっと……。
g2.jpg
 他にもパソコンを使った作品や、いろんな絵画があります。飽きずに見れました。ここ何年かでは一番充実しているかも。
g4.jpg
 『3mmの距離』と言う作品です。製本されていて中に3mmの世界があります。
g5.jpg
 ディスプレイの質問に答えると自分の料理レシピが出てくるというものです。
g7.jpg
 出て来ましたわたしのレシピ。何かは言えません。ちゅん
g8.jpg

 他にもいろいろあったんですが、写真を撮り切れませんでした。実際にご覧になるのが一番です。

 S井さんが、今日酔っぱらった人が来て、40分くらい話しこまれたと言います。しょうがねぇのがいるなぁ、と思っていたら、その男は『現代美術家・川俣正と同級生だ』と言ったというではありませんか。容姿を聴くとまさしくおや爺の同級生・S谷氏に間違いありませんがな。と、ほ、ほ、何やってんだか。えらい目にあったね、と慰めると。「いや〜、友達とふたりでレジェンドだね、って話しました」と、S井さん。さすが精養軒バイトの、<いい味出してるバイト>歴代1位になるS井さん、返事がよく分からない。と、とりあえず、よかったね、S谷。hirasan


 

精養軒の忘年会・新年会

  • 2016.02.04 Thursday
  • 22:42
 忘年会・新年会と言っても、精養軒の宴会プランのご紹介ではありません。お店のバイトの皆さんとの時期外れの忘年会・新年会の紹介ですぅ。←ヤル気あんのか、おや爺よ。_| ̄|○

 普段バイトの皆さんとのお食事会は精養軒でやります。特選和牛のなどの焼肉をはじめ、お店で出している料理をバイトの皆さんに食べてもらいます。お礼もありますが、自分で箸をつけて初めて自信を持ってお客さまにお勧めすることができるからです。
 
 食べる前に、どのように焼くか、どんな部位か、精養軒らしい味を作るために何をしているか、説明します。終いにはわいわいがやがやおや爺や店長の話も聞かないただの飲み会になります。ムスっ でも学生のうちからA5ランクの特選和牛の味を知ると、それはそれでちょっとこれから大変かも……。
ちゅん 輸入牛の臭いが気になってくる可能性がありまするね。手

 今回出村店長が、ほかの店でやりましょうと強硬に主張しました。あと片づけが面倒なんだとおや爺は睨んでおります。ムスっムスっ いつもは全国チェーン店の居酒屋へ行って、吐くまで飲み続ける連中でございましょう。まぁ、でもほかの店を知るのもいい勉強なので、イタリアレストラン、オステリア・ミナミさんに決定。
 岩見沢に住んでいながら、大学から近いのに、案の定誰もミナミさんに行ったことがない連中でした。

 当日は結構の吹雪。おや爺の兄・おやぢぢいが車でみんなを拾います。岩見沢駅からタクシーでkさんを出迎えます。適度な照明。連中が来ないので落ち着いたいい雰囲気です。

 うるさい連中でもうすぐ台無しになるかも……。←許して下され、ミナミさん。おじぎ てなことで定刻10分遅れでスタート。

 もう、ちゃっかりピースサインを出している、どすの利いた新入生・Tさん。暑い

 かんぱ〜い!! 皆さん本当に少ない人数でよくやってくれました。みんなおいしく、おいしく頂きました。
 えっ、料理の写真ですって? そんな余裕もないまま食べて飲んでしまいましたがな。ごちそうさまでした、ミナミさん。今度は友達と一緒に行くと言っていました。

 珍しく飲まなかった親ぢぢいの車とタクシーで、 皆さん、帰宅。おや爺とつれあいは冬の夜道を、手に手を取って帰ったとさっつ。hirasan

 次回の新人歓迎会(う〜、人手不足で、3月までには新人が入ってほしいお願いお願い)は、精養軒でします。う〜、こっ、このままでは、3月に通常営業ができるのか?
Docomo_kao18Docomo_kao18 

ゴールデンウィーク無事終えました会兼新バイト歓迎会

  • 2015.05.19 Tuesday
  • 22:00
 精養軒始まって以来の人手不足で迎えたゴールデンウィークも無事終え、慰労会兼新バイト歓迎会を今日しました。ベテラン、中国語OKのGさん・気配り孫の手K坊をはじめ、ゴールデンウィーク中に採用した、まったく新人・Kさん、2か月前採用した新人・いい味出してるSさん、店長、社員の皆さんコマネズミのように動き回りました。お店の休みが多くなってお客さまにご迷惑をお掛けしたものの、お客様からおほめの言葉もいただきました。  

 お店で出している料理がどんなものか働く人に知ってもらうことは店にとって大事なことです。というわけで各種焼肉とサラダ・ナムル・キムチなど、精養軒の特徴を説明しながら食べてもらいます。途中網の取り換え方を新人に練習してもらいます。
f1.jpg
 A5の特選和牛リブロースを始め本ミスジ・赤身、国産牛下がり、ホルモン3種、塩焼3種、和牛焼しゃぶ、ジンギスカンなど。
f3.jpg
 二テーブルで済むなんて考えられないほど少ない人数です。かつては4台使ったものです。でも肉がおけないので隣のテーブルにも料理を置きます。ドレッシングをかけない自家製の寄せ豆腐のサラダも食べてもらいます。
f2.jpg
 全て平らげてお開き。みなさんよく食べました。精養軒の味を知って、さらにお客様の説明に説得力がつくに違いありません。というわけで明日からまたよろしくね。
晴れ
 

◎本さん、Y口さん、H島さん、きてくれてありがとうねぇ〜。

  • 2015.03.11 Wednesday
  • 10:24
 3名の皆さんは数年にわたって、精養軒のバイトをしていただきました。多分精養軒の顔となっていたでしょう。Y口さんは就職H島さん、院進学。◎本さんがドイツ音楽留学の春休み途中でわざわざ寄ってくれたので、3人で精養軒に集まったようです。

 ◎本さんは留学準備で、物理的にも精神的にもたいへんな時もバイトしてくれた方です。Y口さんは、どんなに忙しくても、まわりのスタッフやわたしを落ち着かせる事ができる、まことに稀有な存在でした。就職しても、職場で信頼され、愛されるんだろうなぁ、って思いますね。H島さんは最初のころの仕事の印象から、想像もつかない仕事ぶりになって、人は簡単に判断しちゃいけないなぁ、相変わらずおや爺、人を見る目がないなぁと思いました。
 3人とも笑顔が素敵でした。ブログの写真ははっきり載せられないのが残念ですが……。

 左から。もう、ピースサインはよしましょう、ネクタイ好きのオイラー・H島さん。残念、素敵なネックレスが隠れてしまいました、食事中に撮れば良かったなぁ、Y口さん。どことなくヨーロッパの顔立ちになった◎本さん、アレルギー治ってよかったね。

 わたしの嫌がらせに、すぐさま反撃する、口の減らないH島さんでありました。入ったころは寡黙な田舎もんだったのにねぇ。当店のバイトって、ひと月たつとあっという間に態度がティラノザウルスのようにデカくなるのはなぜ?
ムスっ ヤドカリのように生きるおや爺にはよくわからない変容でございます、ってなぜか字まで小さくなる始末。
 
 皆さんにお礼の言葉もちゃんと言わずにいたあほおや爺ですが、遅ればせながら心からお礼を言います。長い間本当にありがとう。
 ◎本さん、寄ってくれてありがとう。また来てください、っていうか、おや爺もドイツへ行きたい。ドイツに戻る前に一度いっしょに飲みたかったけど残念でした。
 Y口さん、フォトショップわからなくなったらどうしましょう? えっつ、いつでも来てくれる? んな訳ないだろう!
┏┫*` ー ´┣━━●)゜ロ゜)あうっ!

25年ぶり? 元バイトKさんとHさん現る。

  • 2014.12.02 Tuesday
  • 01:53
  支店をオープンしてすぐのころだから、もう25年くらいは経っているでしょうか。当時高校生で一緒にバイトをしてくれたいたKさんとHさんが店にいらしてくれました。予約していたとのことでしたが、苗字が変わっていたのでわかりませんでした。

 2か月くらい前、友人の医者の紹介で札幌の病院に行った時なんとそこで看護師として働いていたHさんと会ったのです。人なつっこい笑顔が変わりません。すぐわかりました。当時一緒にバイトをしていたKさんも不思議な縁で一緒の病院で看護師をしているというではありませんか。

 そんなこんなで29日の土曜日にわざわざ札幌からバスで来てくれたのです。何も知らないおや爺は、小上がりに料理を運び、ふとお客様の顔を見ると、Kさんがにこにこしているではあ〜りませんか!!

 もう、もう、勘弁してちょうだいな。おや爺、心筋梗塞になりそうでしたがや。
 でもありがとうねぇ。何度もこのブログに書いていますが、元バイトが顔を出してくれることほどうれしいことはありません。あ〜、あんなに怒ってばかりいたのに許してくれたんだなぁ、と勝手に少しは安心するんでございますね。たのしそうにお食事をして帰って行かれました。

 久しぶりに元バイトに会う、イケずなおや爺の楽しみの一つは、まだ18,19だったバイトの皆さんが、歳をとる姿を見ることですが、お二人ともちっとも変わらず、かわいらしい笑顔でした。あ〜、もっと優しくしていればよかったのに、どう考えてもおや爺が18のころよりちゃんとした学生だったのにね。


 どうでもいいけど、ピースサインはもうやめましょう。と言って、写真を撮るときしぇ〜の格好をしようとした60過ぎのおや爺ってどうなの?


 左がKさん、なんで手を握り合う、つれあい? ワシもHさんと手を握り合えばよかったか??

中国語OKバイト・Gさん韓国へゆく:世界は狭い

  • 2014.10.06 Monday
  • 12:04
 皆さんこんにちは。私は精養軒にてバイトをしている者です。きっとお店に来ていただいた方なら分かっていただけると思いますが、「中国語OK です。」が目印のバイトです。
 さて、先日私は精養軒の計らいで韓国旅行に連れて行っていただきました。そのお礼を兼ねまして、おや爺さんのブログに旅行体験記を書かせていただきます。

 今回の旅のテーマは「서울(ソウル探検ツアー」です。文字通りソウル市内をあちこち回って買い物をしたり、博物館に行ったり、様々な料理を食べてきました!その中でも私のわがままが叶った出来事を紹介します。

 空港から駅に向かう途中で奥さんに「地元の人に愛される家庭料理を出すような所に行きたい」と伝えていました。東大門という所を回っている時、なんだか香ばしいにおいがしてきました。そこは焼き魚通りといわれる場所で、名前どおり、おじさんがお店の前で魚を焼いています。今日のお昼はここで食べようということになり、私は感激!他の仲間たちの反応はどうだったのでしょうか…?(笑)

 お店の中は想像通りの少し汚い感じ。(下町の定食屋っぽいの方がいい表現かもしれません)料理を注文して少し待つと、ナムルやキムチが出てきました。そして焼き魚にイカのピリ辛炒め、キムチチゲを食べました。

G1.jpg
 すっぱ辛い白菜キムチや、日本人にとってはとても辛い炒め料理など全てが大変美味しかったです。そして懐かしい。というのも、私は精養軒でアルバイトをする前は中国に留学していました。中国に行って韓国料理を懐かしく感じるのは不思議だと皆さんは思うでしょう。しかし、私の居た街は山東省の煙台市というとても韓国に近いところです。韓国人ビジネスマンが大変多く、至る所にハングルで書かれた看板がありました。大学内も留学生の大半が韓国人でした。そんな場所で暮らしていれば自然と韓国の方と仲良くなり、色んな料理を食べさせていただきました。それで懐かしく感じたのです。
 きっと思い出補正もあって美味しく感じたのもあると思います(笑)

 さて、ここで話はまた大きく反れます。すみません。
 中国留学から日本に帰ってきて、中国語は一旦休憩で韓国語を少し勉強してみたいなと思い、教科書を開いてみたのですが、イマイチ頭に入ってきません。そこでインターネットのペンパル募集サイトで相手を見つけて、韓国人とメール友達になりました。しかし、私は少しだけハングルが読める程度でしかなく、会話がうまく成り立ちません。結局その人とは世間話をする普通の友達になってしまいました。けれどもお互いの言語が分からないため、英語での会話となり、辞書片手に文章を打っていたので英語の勉強にはなった気がします。

 そして話は戻りまして、今回の韓国旅行でその人と連絡を取り合い、会うことになりました。会うのは2日目の夜だったので、その前日は待ち合わせ場所の確認です。ホテル近くの地下鉄駅から待ち合わせ場所の駅までは8駅、途中乗り換え1回。少し不安でしたが、当日はなんとか無事に着くことが出来ました。そして、会って一緒に夕飯を食べて、バーでお酒を飲みながらゆっくり話すことに。そのバーのマスターは日本で修行したことのある方で、日本語ペラペラでした。そのマスターのおかげでスムーズに会話が出来ました。そんなこんなでとても仲良くなって、今回会うことが出来て本当に良かったです!
 
 ここで皆さんにソウルへ旅行をする上でのアドバイスをひとつさせていただきます。
最近スマートフォンをお持ちの方が多いと思います。しかし海外でスマートフォンを使っていつもと同じようにインターネットや電話を使用すると、すごい金額になってしまうのも皆さんご存知でしょう。しかし、ソウルにはたくさんのWiFiスポットがあります。一部の駅やカフェには無料で使えるスポットもあります。また、韓国の携帯会社が提供するWiFiスポットと契約すれば、ほとんどの駅や大型商業施設、飲食店にてインターネットを使うことが出来るようになります!

 契約は意外と簡単です。ソウル市内のセブンイレブンやGS25などのコンビニで1日使い放題のプリペイドカードを買います。レジで「オレワイパイイヨンクォン ジュセヨ(olleh WiFiプリペイドカードを下さい)」と伝えてください。(私はうまく発音できず少々焦りましたが「オレ WiFiカード!」と伝えると「これですか?」と店員さんがカードを見せてくれたので無事購入出来ました。)その後は裏に書いてある説明どおりにインターネットでカードの登録をするだけです。すると1日インターネットが使い放題になります!

G2.jpg
 
 私もこの情報をもっと早く知っていれば今回の旅がほんのちょっとだけ変わっていたかもしれません。これがあればLINEなどで日本にいる家族に電話をしたり、美味しい料理の写真を撮ってその場で友達に送って自慢したり、待ち合わせの急な時間変更などにも対応できます。(先ほど書いた友達との待ち合わせの時間変更に気づかなかった私は30分ほどソワソワしながら待っていました)

 そして、旅行最終日の話になりますが、空港について搭乗ゲートに向かう途中、前に立っている女の人がなんだか見たことあるようなないような…。向こうが先に気付いて話しかけてきました「你为什么在这儿呢?(何で君はここに居るの?)」その言葉にようやく私も気付きました。なんと中国で知り合った韓国人の友人でした。なんでもその人は空港でバイトをしているらしく、偶然その前を私が通ったのでした。世界は狭く感じましたね。
 
 今回韓国旅行は本当に楽しい旅行でした!
 旅行記をお読みくださり、ありがとうございました。


おや爺注:当店のバイトやパートの方に、外国の空気も知ってもらいたくて、味の研修も兼ね韓国旅行をしています。海外旅行を楽しむちょっとしたコツを知ってもらえたらいいなぁという思いと、精養軒の味と韓国の味の、同じところ違うところを知ってもらいたい、思いもあります。
 日本と同じでないことを楽しむ・失敗も楽しむ・予定と違うのを喜ぶのが海外旅行を楽しむには必須の条件だと思います。詳しくは韓国人の民族性?をご覧ください。

人生初の海外旅行を精養軒で::高校生バイト・ガンバリ屋K坊、韓国へゆく。

  • 2014.09.27 Saturday
  • 12:02
 ブログの読者の皆さんこんにちは。
 姉(おや爺注:ドラえもんK坊)のほぼ跡継ぎで始めた精養軒のバイトも2年になり、今年の8月に人生初の海外旅行を連れて行ってもらいました。

 元々色々なものを吸収したいと思う私は、日頃おや爺さんの考える精養軒の在り方など頭に置きながら韓国へ行きました。たった3時間のフライトで着いた場所にはハングルしかなく、それはもうワクワクでした。笑


 現地の食生活に触れてみたり、歴史に触れてみたり、日本とは違う色々なことを吸収することが出来たと思っています。

 食べ物では日本と比べキムチが酸っぱく出来ていて、あまり手をつけることが出来ませんでした(*_*)
 1番美味しく思った物は即席トッポッキ鍋で、少し辛味がありましたがパクパク食べられました。最後にご飯を入れて焼いてくれたのがまたとても美味しかったです。

 他にもミノを食べたり、ホルモン食べたり…豚カルビもすごく美味しかったです。

 他には明洞も個人的にすごく楽しかったです。笑
本場のお化粧品を見たいと我儘を言って連れて行ってもらったのですが、想像以上に大きく、驚き過ぎてあまり物に手を出せなかったのが、今後悔してます…笑

 そのとき奥さんが話してくれたのが北朝鮮のことでした。あまり私はそういう国際関係を知っているわけではないのですが。

 こうやって毎日お祭り騒ぎしてるけど、隣は北朝鮮だからね。日本ではいつ襲われるかわからないというニュースばかりなのに、隣に接した韓国では屋台を出して盛り上がってるんだよ、と言っていた言葉がとても頭に残っています。
 この旅行に行き海外にもっと触れたいと思ったのでもう少しハングルを勉強して、次は1人で行って見たいな!と思いましたがいつになるかわかりません…。

そして今回感じたこと、聞いたこと、見たことを忘れず、もっともっと精養軒でバリバリ働きたいと思います( ^ω^ )
おや爺注:すでにばりばりやっておりますね。
手
 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 店長出村のブログ:4月の防火管理講習
    おや爺 (04/08)
  • 店長出村のブログ:4月の防火管理講習
    わし (04/04)
  • 店長出村のブログ:4月の防火管理講習
    わし (04/03)
  • 2017年あけましておめでとうございます。
    おや爺 (01/01)
  • 2017年あけましておめでとうございます。
    argon (01/01)
  • 今冬も恐るべし、豪雪岩見沢。アルゴン氏乱入
    oyajii (12/19)
  • 今冬も恐るべし、豪雪岩見沢。アルゴン氏乱入
    おや爺 (12/18)
  • 落語好き詩人のアーサー・ビナードさん 突然の来店
    おや爺 (11/04)
  • 落語好き詩人のアーサー・ビナードさん 突然の来店
    わし (11/03)
  • 詩の架け橋:詩集『あの日から』 曳地奈穂子
    おや爺 (09/16)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM