出村さんの開店祝う会と新人バイトの歓迎会

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 10:08

 23日の休みにようやく新人バイトの歓迎会と、開店が押しせまった出村さんの開店前祝いの会を開催しました。

最近の学生たちは非常に学校が忙しく、1週間後の予定も経たないという状況です。おや爺の学生の頃とは大違い、真面目な人たちが多いんですねぇ。とは言え、先日岩見沢プロジェクトに来ていた・パリ在住の美術家・川俣正さんにその話をすると、「そんなに勉強してどうするんだ、と言っとけよ!」とのお言葉でございました。

 焼肉屋のわたしに言われましても、それはあなたが大学で言うことですがなと反論するおや爺でございました。

 

 そんなこんなで参加できない人もいましたがとりあえず決行。その上、主賓の一人出村さんは開店と引っ越しの準備が押しせまって、けっこう切羽詰まった電話が当日掛かって残念ながら行けませんとのこと。前もってバイトの皆さんにはそのことを伝えていたのでとりあえず決行。開店したらみんなで食べに行くからねぇ!

 

 歓迎会の目的は三つ。

,澆鵑覆謀垢領鼠を実際食べてもらい、精養軒の味を知る。お客さまに実感をもってお薦めできるようにするため。

一生懸命仕事をしてくれたお礼。

精養軒をバイト先に選んでくれたお礼。

 

 今回初めての試みは、実際のおまかせ形式のメニューを作って、出した料理を記録することです。うまくいったのでこれからはこの方式でやります。下の写真が表紙です。

p4.jpg 

 開いてみましょう。

p5.jpg

 総勢18名が参加です。

p2.jpg p3.jpg

 

p1.jpg

 次の日、左の男からメールが……。

「昨日はごちそうさまでした。朝起きたら、胸ヤケでした。」←そんなに食べるなよ!!

厨房グリース・トラップ工事が無事終わりました。

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 21:31

 4日間のお休みを頂いて、グリース・トラップの蓋取り換え工事が無事終わりました。当店も築30年。その間グリース・トラップ(厨房排水の汚れおよび脂受け)の蓋自体は一回取り換えておりました。グリース・トラップを置かない店もあるようですね。そうなると市や自治体の下水本管に垂れ流しです。

 洗いものシンクの下に位置しているためどうしても常時水がかかり錆びてしまします。今回は、金属加工の道央技鉄さんにお願いしてステンレス製にしました。これでかなり錆びづらくなったでしょう。

 

 何回か道央技鉄さんに仕事をお願いしています。いい仕事をしていただきました。わたしにとっていい仕事をするとは、仕事がきれいで丁寧であることだけではありません。それと並んで特に重要なのは説明を、作業前、作業中にきちんと詳しくしていただけることですね。おや爺は心配症なのでどうでもいい細かいことを気にします。その度に素人相手に細かく説明してくれる業者でなければわたしの気が休まらないのでございますね。技鉄さんは、それを見事にクリアしているだけでなく、終える前に立ちあって確認作業をするところです。当たり前と思う方がいるかもしれませんが下請けの多い建築業界ではなかなか稀なことですね。もしこれから建築業界と付き合う必要のある方には声を大にして言いたい。そういう業者でなければ、頼まない方が無難です。

g2.jpg

 コンクリートを削る作業があるので、厨房内の養生をきちんとしなくてはいけません。養生をきちんとしない業者が驚くほど多いのです。道央技鉄さんは完璧です。おや爺が不安なところを聞いてもちゃんと別のやり方で養生しておりました。その上きちんと説明してわたしを安心させてくれるのです。

g1.jpg

 削ったグリース・トラップまわりのコンクリートに、新しいステンの蓋をはめこみます。

g4.jpg

さらにコンクリートで埋めて一日乾燥させます。この間2日、30度近くの気温です。

g5.jpg

 ここまで汗だくで丁寧な仕事をしていただいたお二人でございます。素人を心配させない気持ちのいい爽やかな仕事ぶりでした。

 次はクッションフロアを張る作業です。

g6.jpg g7.jpg

左写真:手前道央技鉄の担当者の方。うるさく言ってすみません。奥の木村さんは大工さん。右写真:フロアを貼って頂いた小山内さん。お二人とも丁寧で真面目な仕事ぶりです。細かい説明ありがとうございました。心配が吹っ飛びますね。

g3.jpg

 という訳でようやく出来上がり。わたしの建築業者さんとの付き合い方は決まっております。工事中はどんなに嫌がられても聞くことは聞く、疑問は伝える。その代り工事を終えた後は気持ちよく感謝して別れたい!であります。今回も気持ちよくお礼を言うことができました。途中のご無礼お許しくださいね。いい加減おや爺といえども、我ながらけっこうお店に命をかけているのでございます。

 あと一日乾燥させて、8日(金)から、満を持して再開いたします。お待たせしました。

 

 

岩見沢降ってます、雪◆2017年12月28日真夜中午前3時30分ただいま雪かき終わりました。

  • 2017.12.28 Thursday
  • 07:47

 朝、丸2時間雪かき筋トレをして、きれいさっぱり、駐車場と、向かいの誰かの空き地の前の道路の雪かきをした後、またしても積り積もった雪。

 こっ、ここはギリシャ神話・シジフォスの世界か!!

 それを店の営業を終えた11時頃に再度雪かき。そしていつも午前2時ごろ店の前に来る、市の除雪巨大ブルドーザーを待ちます。でも今夜は、あまりに多く降ったせいでしょう、定時に来ない。結局午前3時過ぎに来ました。

 

 岩見沢市の除雪隊はどういう仕組みで動いているか知らないけど、間違いなく、お金持ちな大都市・札幌よりよほどきめ細かく、機動的で、きれいに除雪してくれると言えましょう。←でも、こういう仕事って、なにをしても、文句も手いっぱい言われるんだろうなぁ。

j1.jpg j2.jpg

 左は繁華街の向こうで除雪作業している人たちの明かり。右の写真、縦通りに巨大除雪ブルドーザーの明かりが見えます。

j3b.jpg

 おぅ、とうとうこちらに向かって来ました。手手

j4.jpg j5.jpg

がが〜、っと店の前の道、手前側・真ん中・向かいと往復します。

j6b.jpg

 夜中に頑張る除雪隊でありますね。

j7b.jpg

 このあと大きな通りを除雪。そしてまた店の前の道を通って去っていきます。お願いお願い

 

 市民が寝静まった厳寒の夜中、働く市の除雪隊。当店のまえの道はたぶん50過ぎの方が運転しています。夫婦で、巨大ブルドーザ―がどうしても残す雪を掻きだします。どちらの会社の方かわかりませんが、いつもありがとう〜!!身体に気をつけてね〜、っておや爺夫婦も歳なんだから気をつけましょうね、っと。がーん

 

岩見沢降ってます、雪 2017年12月27日12時26分ただいま雪かき終わりました。

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 12:37

 ザワ(岩見沢のこと)は朝目を覚ますと大雪になっていた。←ザムザは朝目を覚ますと虫になっていた(カフカ『変身』)の、文学史上に残る、有名な最初の一行の真似ですが……。

 

 え〜、朝から吹雪いておりました。10時15分から始めて丸2時間、夫婦で雪かき筋トレが終わりましたよ、えぇ、えぇ。

恒例、愛車のモヒカン刈りでございます。

 まずはバックから。

 睨みを効かせて正面から。

 他の車がビビりますね、ホント。手ちゅん

 

献血のご利益(ごりやく):give bood, get a life

  • 2017.08.28 Monday
  • 23:59

 以前このブログで、「献血パワー:give bood, get a life」の怪しい自作コピーを作って献血の話をしたことがあります。そこでも書きましたが、おや爺の献血する大きな理由の一つは、おや爺のように、いい加減な生き方をしているダメダメ人間でも即物的に社会にいいことをしている実感が味わえることです。元気が出ない、気が重たいときは、献血が一番ざんすね。ウソだと思う方はぜひ試してください。血あげて、気もらう(give blood, get a life)のコピー通りになりますね。手

 

 さて先日葉書きがきました。献血のお願いでした。

 AB型が非常に不足しているとのことでした。おや爺素直な性格通り、AB型ざんす。(・∀・)○ 誰ですか〜? 如何にもヘンテコおや爺の血液型だと思った人は!!ムスっムスっ 食品スーパー・ビッグハウスの駐車場でよく献血車が止まっていますが、込むことが多くておや爺はなかなかできないことが多いのですが、店から歩いて3分のぷらっとパークに献血車が来るとのこと。早速午前10時に行ってまいりました。無事400ml献血を終えました。前後にわたしと同年代か上の女性がふたり、わたしより上の男性が一人、みなさん常連の方と思われます。でも血圧その他の献血条件が合わず献血には至りませんでした。献血の条件も、輸血者・献血者双方のために年を追うごとに厳格になっているんでしょうね。でも同年代の皆さん、その意気込みが嬉しいざぁございませんか。お願い

 

 若い人はいなかったのは時間のせいもあるんでしょうね。土曜の午前中はみんな寝ているに決まっていますな。献血経験があれば、今は70歳までできるみたいですね。

 

 今回は左腕で採血。右腕で献血しました。

 去年、電気工事でお世話になっているE&Rオーツカさんに、遅れた支払い(何故かよく遅れる、すみません。アセアセ)をしに行ったとき、店の奥に表彰状がおかれていました。赤十字と書いております。何ですかと大塚社長に聞くと、献血100回の表彰状(もしかしたら90回? どちらにしてもすごい数字です。)だとあっさりした答えでした。心底驚きました。めちゃくちゃ忙しい電気工事会社の社長です。献血100回と簡単に言いますが、一回献血すると数カ月献血できません。100回は日々のスケジュールに、何十年も献血日を厳密に組み込まない限りできる数字ではないのです。普段のいかつい顔からは想像もできない・おや爺の様な怪しげな献血とは大違いな振る舞いです。う〜ん、すごい!!! 昔テレビで観ていたライフルマンのテーマソングを思い出したおや爺であります。晴れ

歯の話:TCH(歯列接触癖)

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 09:41

 以前に歯の治療を受けたことを2度ほど書いております。(歯の根が腐るをご覧ください)

 よく読まれている記事なので、歯でお悩みの方も多いのでしょうね。さておや爺は、ラーメン屋さんでのヘンなきっかけ(contact)から、比較的新しく開業した幌向のへんみデンタルクリニックさんに行っております。そこで歯の治療を受け、カウンセリングルームに呼ばれます。本棚があります。おや爺の悪癖の一つに、他人の本棚を覗くというのがあります。←これは非常に猥褻な趣味と言わねばなりません。セリザワさん そこにはあな懐かしや、ハーパーの生化学なんて本があります。生化学はいろんな学部にまたがる分野ですが、学部や研究室によって流派があるんでございますね。hirasan ちなみにおや爺は今は亡きレーニンジャーの生化学でございました。訳本なかったような……。X線写真やらいろんなデータを使って、説明を受けました。ここの若い先生は非常に丁寧で、痒いところまで(う〜ん、歯医者だけに痛いところまでか?)、孫の手(歯科医だけにドリルか?)10本が届くほどの説明でございます。ちゃんと治療を受け、データ的にも問題のない処置にもかかわらず、硬いものを噛んだ時の歯の痛み・違和感が止まらない。

 

 考えられるのは、TCHだとおっしゃるのです。昔銀河発生のメカニズムで、THO理論というのがありましたが、TCHは聞いたことがありません。概略こんなお話しでした。

 

 「TCHは、tooth contacting habitの略です。歯を失う原因の一つとして、虫歯・歯周病の他に、いま注目されているものです。ネットにもかなり出ているのでよかったら調べてくださいね。歯ぎしり・歯を食いしばるばかりが、歯を失う原因ではなく、普段の日常生活で、歯同士がが無駄に接触しているだけで歯や歯茎に負担がかかるのです。いろんな原因が考えられますが、ストレスもその一因です。

 

 喫煙の習慣は、吸うことで心が安定してストレス解消になっているんです。それと同様、歯を接触させることで無意識にストレスを解消させる習慣になっています。(おや爺こころの声:それって依存症addictじゃぁ!ムスっ)

 おや爺さんの歯と舌の写真・噛みあわせを調べると、その可能性が高いので6月まで経過観察しましょう。」

 

 歯ぎしりがなんで、ただのcontactなのかと思ったら、接触する行為全体をさすんですね。世の中知らぬことばかり。お願い 確かにネット検索すると山の様にヒットします。日本の学者が命名したようですね。わたくし、普段は口を開けて、ぼ〜っとして、人の話も聞かないうわの空男でございます。ちゅん 歯を接触していない生活しておりますが、口を閉じた状態では、どうも無意識のうちに歯同士を接触させている模様であります。たぶん口を閉じるという行為そのものが、うわの空男にとって、過酷なストレスになっていると思われますね

 

 最後に先生、防ぐ方法も伝授してくださいました。

 「TCHを長年研究されている先生の講演を聴きに行ったんですが、その先生の研究では、一番金もかからず確実なのは、部屋に『歯を噛まない火』と書いてお札を貼ることです。」←すげぇ、社会主義国家みてぇ。Docomo_kao18Docomo_kao18

 

 いまのところ貼っておりませんが、気をつけます。皆さん、最悪、常に口は開けておくようにね。\(^^)/ヒャッホ~でも寝ている時に歯ぎしりしていることがあるかも……。

おや爺の連戦連敗:大豆もやし栽培編

  • 2017.04.08 Saturday
  • 00:20

 連戦連敗はおや爺のミドルネームでございます。自家製豆腐作りにチャレンジしていたときも、似たような題名で記事を書いております。(こちらをご覧ください。連戦連敗・自家製スンドゥブ(寄せ豆腐)作り)

 

 う〜、お恥ずかしい。こんどは4回連続で大豆もやし栽培に失敗してしまいました。理由は、まだよく分かっておりません。4種類ある2016年度産新豆の中で、一番力の弱いものを使って栽培したので、そのせいかとも思ったのですが、一番生育力のある青大豆でも失敗してしまいました。さらによせばいいのに、日本食品工業学会誌の大豆栽培の最適条件を探った論文を手に入れました。effect of conditions of storage, soaking and sprinkling of seed of beans on the sprouting and growth of the bean sprouts 日本語題では、「原料豆の貯蔵、浸漬および灌水条件が豆もやしの発芽、成長におよぼす影響」なんて仰々しい題名。暑い かんすいが旧漢字ですがな。早速試してみたのがいけません。失敗続きのときは新しいことをしてはいけないんですが、堪え性がないので、失敗の原因を追及しないで、つい新しいことに手を出して、ごそっと成果を得たくなるおや爺であります。←これでなんども失敗しているのにネ。hirasan

 こんな表紙の論文です。

 何が幸いするかわかりません。兄は工学系、わたくしも、アホウとはいえ理系だったので、論文を読むのは苦にならないのでございますね。これについてはさらに試す所存でございます。

 

 

 さすがに、4回失敗を続けると、大豆もやしナムルや大豆もやしづくし・もやしスープが品切れになってしまいました。どのようになるのかと言うと、こうです。

 ひび割れたものが多数。たとえ芽が出ていても実割れがひどいのです。栽培量の約6割くらいに当たる量です。

 こ、こんなにたくさん。

 大豆もやしにならないので、昔は何も考えず廃棄していたのですが、これはいわば栄養価の高く・甘みの強い発芽大豆とも言える訳です。そこで、クッパに使う五穀米に入れて炊くことにしたら、これがうまいんですがな。さらに気をよくして、自家製の寄せ豆腐用豆乳づくりに使うとこれまた独特においしいものが出来上がります。こ、こりは大新発見だぁ火、と興奮したら、もうすでにやっている方がおりました。←でもホント、おいしいですよ。お店でもときどきします。

 なんでも考えずに廃棄・捨ててはいけませんね。「もったいない」・「戦争は放棄」(←急にどうした!(・∀・)○)は日本の誇る・いまも通じる大事な思想でございます。もやしにならなかったからと言って、存在価値がゼロではないのでございます。←何かと自分の存在に重ねるおや爺でありますね。hirasanちゅん

2016年第一回精養軒トリビア:バイトのみなさんご苦労様食事会と元バイトWさん

  • 2016.09.26 Monday
  • 22:12

 え〜、いまだに精養軒は人手不足で、店の休みが異常に多いお店になっております。新人のみなさん、がんばっておりますねぇ。一生懸命だ、笑顔がいい、とお客様にお褒めの言葉を頂くことも多いのです。なんとかお盆や忙しい夏を乗り切ることができたので、歓迎会や送別会・ご苦労様会を、今日楽しくワイワイがやがやとやりました。

n2.jpg

 

n3.jpg

 昨日元バイトで、東京でイタリアレストランを開業して1年になるWさん(以前勤めていたレストランに行った時の記事はこちらです。)が友達と二人で来てくれました。もうすでに評判のお店です。

 彼は高校生から専門学校生の途中までバイトをしていました。自分の目標が、イタリア料理だと固まると、当店のバイトは辞められて、札幌のイタリア料理の名店に行きました。

 

 とにかく経営者以上に一生懸命な人で、お客様に『君を持って帰りたい』と言わせたほどの仕事ぶりでした。夜仕事を終えて、出村店長と二人で、Wさん一行が待っている店に行きました。昔話に花が咲きます。でもわたしはほとんど覚えていない!! ほんとうか? 話を盛ってるでしょ! 的な話ばかりですがな。言われて思い出したこともありました。彼にとって最初に会った時の面接の言葉が忘れられなかったというのでした。本当にひととひとのつながりはどこでどうなるのかわかりませんね。

 

 その彼が、自分はわくわくドキドキを求めて仕事をしているというのです。それをお客様と共有したいと。

 わたしは自分自身、素人、いつも何かわからないこと、できないことをなんとか解決したくて仕事を続ける素人だと思っています。彼の<わくわくドキドキ>と、わたしのそれとはもちろん違うでしょう。けれど、少しでも解決した時の小躍りしたくなる気持ちが、彼のわくわくドキドキと繋がるんだろうなと思いました。

 冷麺を作るのに15年かかったとか、冷麺の蕎麦粉が9割とか、スープに岩見沢産高麗雉を使っているという能書きより、本当はそれが出来上がるまでの不安や、ドキドキする<小躍りしたい気持ち>をバイトやお客様と共有できたら楽しいだろうなと、Wさんと話してあらためて気付いたのでした。

 

 そんなことを考えながら、お食事会の前に初めて、『第一回精養軒トリビア』をやることにしたのでありますね。

n1.jpg

 おぅ、写真だけ見るとまじめそうにとりくんじょりますね。ちゅんちゅん 

 時間がないので下書きをそのまま印刷。←字がきたなくてすみません。作って見るといろいろありますねぇ。

 一人一人あてながら質問です。皆さん結構書き込んでまじめですな。

 ちなみに、答えは、。筺↓a、c、さ蹐籠擇鮴埒颪ら半分にした(二分体)ものでよくアメリカの映画の肉屋の場面でつるされている状態の肉です。イ粒┐それです。←この絵を見て空間造形専攻のバイトTさん、即座に言いましたな。「今度はわたしが書きましょう!」

 

 次は大事な手打ち麺部門です。←下書きとはいえ、盛岡くらい漢字で書けよ、おや爺よ。ムスっムスっ

 

 〆戮く言うと麺の定義に関わって複雑怪奇、人によっても違いますが、とりあえず作りかたをおおざっぱに分けると、日本の蕎麦のような切り出し麺、素麺のような手延べ麺、朝鮮冷麺のような押し出し麺がありますね。

 中国ではその三つの方式があります。朝鮮は手延べがありません。朝鮮食文化研究者・チョン・デソン先生によれば小麦粉があまりとれなく貴重だったからと言います。日本は押し出し麺がありません。でも春雨があるか? この辺は麺の定義と関わってきます。

 aとc←農業土木専攻のバイト・Tさん、朝鮮にそんな古くからタピオカ澱粉やコーンスターチがある訳ないっしょ!

 ゥ献礇イモ澱粉と小麦粉Δ気弔泙い眦段瓦閥焦粉。ただし韓国や日本で作られているピョンヤン冷麺は小麦粉が入っていることが多いでしょう。

 

 たのしかったよ〜。ありがとう。29日からまたよろしくね。←寮に缶詰で参加できなかったMさん、ちゃんと特別料理作っちゃるけんね〜。手 今回は店長、所用で参加できず。←なんもつくらんけんね〜。hirasanhirasan

 

オゾン水殺菌装置・オゾンガス発生装置修理完了

  • 2016.09.10 Saturday
  • 11:12

 精養軒の衛生設備で、飲食店ではあまり見かけない・重要なものにオゾン水殺菌装置とオゾン(ガス)発生装置があります。

 初代のオゾン水殺菌装置を導入したのは、1996年、O157による、岡山県学校給食食中毒事件の後ですから、もう20年になります。(詳しくはこちらをご覧ください。)この機械はものすごく頑丈な機械で、一度も故障したことがありません、て言うか、販売した代理店と製造会社の方がその間につぶれていしまいましたがや。その間のメンテナンス点検は、神奈川のオゾン機器のワイズカンパニーさんにお願いしていました。

s3.jpg

 これが初代の機械。普段は今も本店に置いて使っています。弱点はオゾン水出口が一か所で、精養軒のように、肉場、サラダ場、洗い場、手洗い、もやし栽培場といくつかオゾン水がほしいところが分かれている場合、オゾン水出口に、ホースをつなげて使うことになります。非常にめんどうです。

 

 やがて、先止め方式の初代の発展機種で、オゾン水が複数出口可能なタイプができたことを知りましたが、たっ、高い。でも北海道に代理店もできていたので買うことにしました。念願の機種です。(詳しくはこちらをご覧ください)

s4.jpg

 こちらがシンク下に置かれた第二世代オゾン水発生装置。2011年に導入したのでもう5年前です。

s1.jpg s2.jpg

 必要個所に設置した蛇口をひねれば15秒ほどでオゾン水が出て来ます。もはやない状態が考えられないほど便利です。ところが、この機械、壊れるまで知りませんでしたが、オゾン水用逆止弁が2〜3年でだめになると言うのです。それは消耗品じゃぁないすか〜。宣伝上は、消耗品は、再生剤と乾燥剤のみでランニングコストが、他の衛生装置に比べて非常に安いという謳い文句です。逆止弁は高いので、それを消耗品扱いにすると宣伝上まずいということなんでしょうが、もともと高い機械なんですから、ちゃんと書いていただきたいものです。

 

 まぁ、文句も書きましたが、機械自体は非常に重宝しております。即急により耐用年数の高い逆止弁を開発していただきたい。さて壊れた逆止弁の修理は、何とまたしても北海道の代理店がつぶれて、できません。何年かぶりで急きょ神奈川のワイズカンパニーにお願いして修理と点検をしていただきました。修理を遠くの会社にやってもらう時は、よほど信頼できなければ、安心できませんが、使用環境など写真のやり取りがメール(こういうときは便利になりました)でありましたが、親切によくやっていただきました。

 

 と言う訳で、野菜、内臓肉、魚介類、調理器具の前処理に使っています。商売・精神的に非常に楽ですねぇ、これがあると。

 

 もう一台のオゾンガス発生装置は厨房で仕事を終えた後、起動させます。先日これもワイズカンパニーに送り修理点検してもらいました。オゾン発生板その他が取り換えでした。3万ほどかかるとのこと。いた仕方ありますまい。

 

 これでひと安心ですがな。手手

 

 

BBQにご注意。

  • 2016.08.07 Sunday
  • 14:45

  もう何やら夜風もひんやりとしてきました。空の雲も、入道雲に勢いがなくなり、昼間は暑いとはいえ、秋の気配を感じる今日この頃でございます。いまさらベたなお話でございますが、最近のマイブームは、奥方、おや爺の兄・親ぢぢい、家族でベランダでバーベキューでございます。

 これは仕事も絡んでおりますね。夏はお持ち帰りのお客様が増えるので、炭火で焼くとどうなるか実際自分で食べてみなくてはなりません。

 

 やはり外で炭火の焼肉はおいしゅうおますな。体中炭火と焼肉の匂いが染みつきますが……。精養軒の焼肉は、開放的な外で炭火が一番でございましょう。えっつ、じゃぁ、お店の無煙ロースターは?hirasan ですって? 

 

 室内で炭火が向かない理由は、いくつかあります。

_侘呂離灰鵐肇蹇璽襪難しいので、お話ししながらの食事が難しい。まっ、話したくない相手だったら好都合だけど……。

 

⊇いが染み付く。 

 

 おや爺的には、やっぱり室内なら、今のところは、ガスの無煙ロースターを採るかなぁ。炭火が一番おいしいと言っても、無煙にしたら炭火の香りは飛んじゃうしねぇ。美味しくなるとはいえ、輸入牛肉が、A4・A5の和牛肉の豊潤で香ばしい味になる訳もありません。火 輸入牛独特の臭いが消えるわけでもありません。火火 世の中そんなに甘くないのでございます。理論物理学の武谷三男風にいえば、9階のビルの屋上に上ったからと言って、10階のビルの高さになる訳ではありません。しょせん9階であることには変わりはないのでございますね。同じ食材なら相対的においしくなるということです。

 

 何を食べるかというと肉のほかに、魚介類と野菜ざんすね。野菜は芋やトウキビやカボチャが特に美味しく焼けます。遠赤外効果で、分厚く切った芋やカボチャは、外側は焦げ過ぎず、中がふっくらしてまことにおいしい。まぁ、炭火の遠赤外線って考えてみたら、適度に焦げ目がついた・炭の香りがする・電磁波加熱(電子レンジ)ってことでしょうかねぇ。

 

 魚介類はイカとツブです。ツブは因縁の貝でございますね。子どもの頃の最大のイベント、岩見沢神社の秋祭りで、盛大に出ていた夜店の食べ物屋には、軒を連ねてオデンとツブ焼が売られておりました。小金持ちの子供はツブを、貧乏な子どもたちは、オデンを食べるんですねぇ。おや爺30歳過ぎるまでツブ焼を食べたこともございませんでした。
 オデンの味噌もいい香りですが、その十万倍も醤油の焼けた匂いも香ばしいツブ焼。おや爺の鼻奥に鎮座する嗅細胞表面に、子どもの時に嗅いだ香り粒子が残存して、ツブを見ると、反射的に過電流が流れるんざんす。大人になって唯一うれしいのはチョコレートとツブを好きなだけ食べられることですなぁ。

 

 いつもは祭りで売っていた、かたつむりみたいにちっちゃな、灯台ツブか青ツブを買うんですが、こないだ大きな青ツブがスーパーで売っておりました。う〜ン、一度は大きいツブもいいんではないか? 意を決して10個ほど買ったのでございますよ。網の上焼けてくるツブ、醤油をかけて焦げる匂いも素晴らしい。今回に限って兄もいず、わたくしの一人占めざんす。他の家族は嫌いなので誰も食べない。食べましたよ、えぇ、えぇ、10個全部。0口0暑い さすがに最後はあきちゃったけんど。

 好きとはいえ、基本なまぐさい物は苦手なので、ツブ外の中の先っちょにある内臓系は、食べれましぇん。釧路漁民の息子で、サカナ命の友人・Hの話しでは、そこが一番うまいのであって、そこを捨てるものはオロカモノだと言っておりますな。オロカもんでケッコ-ざんすよ。手

 

 それからしばらくして、近くの温泉に車で行こうとしたら、あれ、あれれれ、世界がぼやけて見えるぞ。なんか焦点が合わないぞ。なんかキラキラするぞ。あれ、目がくるくる回って、酔っぱらったみたいにふらふらスンぞ。なんか気分も少し悪くなってきた。よく分からんけど、覚醒剤って、こんな感じ? いや、いや、のう、脳溢血? 

 あれ、もしやこれが噂のツブをせい? ツブのアブラって奴?でも魚命のHが、アブラなんて、食べたってなんともないぞ、って言ってたっけ。

 

 よれる体で必死に、<ツブのアブラ>をネット検索。

 どっ、ひぇ〜、まさしく、まったく同じ症状が書かれてまんがな。おや爺、アブラって、先っちょの内臓のことかと思っていたら、なんと身の中に2本あることが判明。ツブの食中毒とまで書いております。

あまり食べない本州では、売り場に必ずアブラを取り除くようにと図解入りの注意が書かれているそうな。東京出身のおや爺の奥方は、サザエはあるけど。ツブを見たことがないと言ってましたな。

 

 という訳で、みなさん、ツブを舐めてはいけません、食べていいけど。←くっ、くだらねぇ。_| ̄|○ BBQもいいけれど、ツブには是非是非ご用心! しばらくツブは食べません。でも、灯台ツブはもう一度試そうかな←小さくても注意、熱に強い毒物って書かれていたじゃん!!懲りないやつだ!!!ムスっ

 

ご注意!

真つぶ貝の通称あぶらと呼ばれる唾液腺には、テトラミンという毒成分が含まれています。あぶらを食べると、頭痛、めまい、吐き気など、軽い食中毒の症状が出ますので、必ず取り除いてください
また、あぶらの毒性分は命にかかわるものではありませんが、お刺身以外の熱を加える料理でも、必ず取り除いてください。
真つぶ貝 あぶら

 書いてあった通り、3時間後にはきれいさっぱり症状は消失。何もなかったように、さはやかでございます。

 

 でも、でも不思議なのは、ツブ焼でアブラをわざわざ取っている人見たことないんだけど。海鮮合法薬物扱いでみんな頭ん中らりほ〜状態なのかしら。群雲(むらくも)のごとく疑問はわきあがるのでありました。

 どなたか知っています?

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM