何十年ぶりの再会 アテネとローマの想い出:Rさん、チャヒョンのRさんとYさん

  • 2017.11.10 Friday
  • 01:09

 市立図書館の吹き抜けの閲覧室で、携帯をマナーモードにして、いつものように、しばし瞑想に耽っておりました。突然の電話。Rさんからでした。おや爺のブログを読んで、おまかせのコース料理を食べたくなったから、3人で行くからという予約でした。

 

 予約の日、店で会った途端、彼に『昔もっと大きくなかったっけ』と言われてしまいました。人間歳をとると、器が小さくなるの、身も心もね、Rくん!!火  結婚式などでお会いしているので、正確に言えば何十年ではないけれど、こんなに話すくらいに会うのは何十年ぶりです。Rさんとは、彼が10代の頃、経理を学んでいた頃の付き合いでした。

 

 18の頃から将来をしっかり考えているので、わたしはただただ驚くばかりでした。今でも忘れられない彼が教えてくれた言葉。『つねにその場に必要な人間であれ。』彼のアボジが、長男の彼に語った言葉といいます。オロカモノのわたしが、素通りできそうでできなかったのは、つねにその場その時を、そんな思いがなければ生きてゆけなかった彼のアボジの過酷な歴史が思い浮かんだからでした。彼のチャヒョンのRさん(韓国語で義理の兄。以後チャヒョンのRさんと書きます。)とYさんは、20代の頃朝鮮語を勉強しようとして非常にお世話になったお二人でございました。わたしのあまりにトンチンカンな当時の振る舞いにみんなで大笑いしながら、他にもいろいろお世話になった人の顔が思い浮かんできます。寮に候していたので、わたしの部屋が学生のたまり場になって怒られたこと、彼らが持ってきてくれた雑誌や本、特別親しくなったボイラー室のオジサンと二人でこっそり読んだり話したこと。戻るつもりで急に寮を出て行ったこと。数えきれないたくさんのこと。どうしてこんなに泣きたいくらいわたしは恩知らずなんだろう。

 

 Yさん突然、君はギリシャやイタリアが好きだったものなぁと話を振ってきます。確かに好きだけど何のことだろう、Yさんとそんな話をしたんだろうか。Yさん続けて言います。『何しらばっくれているの。一緒に行ったアテネとローマだよ。』え〜、何のこと!! Rさんが助け船を出してくれます。「この店に来るまでの車の中で、アテネとローマというキャバレーに連れて行ったら、キミがどんなに興奮して、あやしくいかがわしい振る舞いをしたか、Yさんが大笑いして話し続けていたよ」

 思い出しました。店の名前なんか覚えちゃいないけど……。YさんとKさんに社会勉強だと突然連れて行かれて、次の日事務員の年上の女性に、「あんまり変な所に行っちゃだめよ。癖になんないようにね。」と妙なことを言われたのはそのせいだったのかぁ。40数年後に気づきましたよ。さんざん話しを、もりに盛りましたね、あの時から、Yさん!!

 

 真相はどうであったか? とりあえずRさんとチャヒョンのRさんだけにはるる説明しましたよ、ええ、ええ。

 店に入るや否や、YさんとKさんは、恐るべき速さで、二人の若い女性の手をとって、わたしを置いて勝手に話し込んでいるではありませんか。残った一人の女性は20代のわたしから見たら、きらきらしたドレスを着た、ただの小太りのおばあちゃんです。おばあちゃんがわたしの横に移ってきました。わたしの目の前の低いテーブルの上には、皿に白い沢庵が載っております。

 ムリ、絶対ムリ!!Docomo_kao18Docomo_kao18 何がどうムリなのか、それすら分からないまま、とりあえずこの状況、ムリ!がーん

 仕方がないのでわたし黙々とその沢庵を食べましたよ、えぇ、えぇ。オ・イ・シ・ク、ない。すると、もてあましたおばちゃんは仕事をしなくっちゃと思ったのでしょう。突然、「坊や、沢庵好きねぇ〜」と言って、わたしの頬から顎にかけて、すっと手で撫でて、「たくあん、持ってくる?」hirasan

 『いらない』←こころの中の声。0口0

 

 読者の方が誤解されるかもしれませんが、わたしは決してうぶでも堅物でもありません。一人や二人のときは非常にワ・イ・セ・ツでございますね。わたしの友人はみんな知っちょります。でもあれはムリ。ムスっ

 一度韓国クラブに連れて行かれそうになった時も拒否、仕事上の関係から、恋愛へ、というのも無理、中年おや爺が若い娘とという失楽園発想もムリ。思想的貧乏性ってやつですね。

 

 さておまかせコースは、60代50代の三人には多めの量のコースをお出ししました。今の精養軒を知ってもらいたくて。喜んでいただきましたが、何よりも店のバイトや店長を激賞してくれたのはうれしかったですねぇ。早速みんなに伝えましたよ。働く全員の仕事ぶりを褒めてくれるのです。後ろの席で一生懸命掃除している専門学生のTKさん、料理の説明をきちんとする大学生のTさん、北海道の学生サッカー選手として有名なSさんの人柄と仕事ぶり、こまネズミのように働く高校生のMさん、と一人一人ほめてくれるのです。今どきこんな仕事をする人たちはいないよ、とまでおっしゃっていました。

 お出ししたキムチの9種盛りです。さすがイタリアンに詳しいRさん、ミニトマト・アイコのキムチにバジルが入っていることを見抜きましたな。

 最後に新豆の自家栽培大豆もやしを3人に持って行っていもらおうと袋に入れて準備していたのに、外まで見送った後、案の定忘たことに気づくおや爺でありました。_| ̄|○_| ̄|○

 

補注1:北海道教育大サッカー部、ここ数年、ものすごい活躍でございます。この3名様はサッカー大好き。基本、朝鮮・韓国人の99.9%の男はサッカー大好き。おや爺、サッカーのルールすら分からないカワリモノでございますが……。Sさんは何度かテレビや新聞で活躍ぶりが紹介されておりますね。

 体脂肪12%の男であります。←う、うらやまし〜。体脂肪20代、内臓脂肪要注意領域を切れないおや爺。Docomo_kao18Docomo_kao18

 3人とお話ししながら、(仕事やサッカーの)モチベーションあがりますねぇ〜、と言っておりました。サッカー好き・チャヒョンのRさん曰く、「スポーツで頭を使うやつは、どこでも使えるものなの!」

 

補注2:Rさんのアボジとわたしのアボジの思い出。生前アボジは、一泊の北海道の同胞の集まりを楽しみにしていました。本貫(ポングァン:東アジア全体にある言葉ですが、朝鮮の場合は、名字の初代創始者の生まれた場所ということになりますか。朝鮮名は、金・李・朴の三つで名字の50%くらいを占めると言われています。ただし金と言っても本貫が違うと同じ金とは言えないということになります。金の場合、金海・金とか慶州・金とか100以上に分かれています。)

 

 まぁ、歴史的な神話みたいなもんですが……。そうすることで、少ない名字の数に違いのタグをつけて区別したんでしょうね。よくアボジは、うちのポンガンは開城(ケソン)なんだと言っていました。そのことを韓国・朝鮮人に言うとみんな否定して、そんなものはない、済州だと言われたそうです。

 一泊温泉良旅行の部屋で、Rさんのアボジが分厚い本貫の韓国本を持ってきてみんなで盛り上がったときです。やはりそこでもみんなに、アボジのケソンポンガン説は否定されたのですが、Rさんのアボジがよく調べたら見つけたのです。

 小さいけどちゃんとあったんだ、とアボジは少し得意そうな、嬉しそうな顔で話したのを今でも思い出します。

詩の旅:秋 鈴木ユリイカ 

  • 2017.11.05 Sunday
  • 21:34

                           (いわみざわ煉瓦テラスの小道で)

 

 北海道の紅葉ももう終わりに近づいています。

 こういう詩を読むと、言葉の発見が人に与えた影響と言うのはすごいもんだろうなって思いますね。

 この15行詩の世界を映像で撮ろうとしたら、一体幾らかかるのか、そもそもできるのか? 目が眩むくらいの広がりです。空のものが言い、地のものが語ります。空にある太陽は海に入り、太陽を道連れに、おとことおんなは二人、この地球を歩き、旅するのです。

 

 3連、「空は何も言わなかった/一万年 十万年 千万年/ そして今日も/空は何も言わなかった」

 なんていう空の広がりでしょう。<今>を含む、時間を語ることで、空の思索的広大さをリアルにイメージさせているではありませんか!! 時空を独立したものでなく、相互作用するとする現代物理学の考えが、そのまま詩になっているような感覚すら覚えます。

 人類が世に現れて、700万年と言われていますが、岩見沢から長沼に向かう道の途中、栗丘ライディングパークを右折してすぐの鉄橋を渡る時、左右の荒々しい自然の風景を見る度に、そんな歴史と場を思いますねぇ。閑話休題、詩に戻りましょう。

 

 そうしておいて、わたしたちの眼のまえの野っぱらを遊ぶ子供のくるぶしにまで、秋の青空に染まるという結末なのですから!!

好評の自家製スンドゥブ(寄せ豆腐)、新豆になりました。

  • 2017.11.04 Saturday
  • 12:05

 日本中、収穫の時期になりました。先日カウンターに座られたカップルのお客さんが、自家製スンドゥブサラダをお召し上がりになって、「豆腐が何もつけなくても甘くて美味しい手手」とおっしゃいました。

 

 さてそのスンドゥブに使う大豆が2017年産の新豆になりました。大豆の甘味と豆腐らしい味わいを、両方さらに、お楽しみ頂けます。精養軒ならではのブレンドを今も何種類か試して、旅するごとに道の駅で、豆腐担当のHさんが大豆を買い求めております。

 

 スンドゥブと言いながら、精養軒の豆腐、実はスンドゥブ(寄せ豆腐)ではありません。絹ごしです。自分で豆乳作りから始めたとき、一発寄せ仕上げの絹ごし豆腐との違いすら知らないままやみくもに進めたのです。←お恥ずかしい。Docomo_kao18Docomo_kao18

 でも今さらなので、スンドゥブはそのままにしています。←いいかげんな!!hirasan

 

 サラダと自家製チゲに使われていますが、単品で、スンドゥブだけでもお出ししてご好評を得ております。

 照明の加減かちょっと二色になっております。今年の新豆、岩見沢産青大豆・山形県産秘伝青大豆(自家製豆乳)と、佐賀産フクユタカ(基本、エコフード製・たまに自家製)のブレンドです。

 

店長出村のブログ:復活 [茜(あかね)のジェラード ]

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 15:06

po.JPG

 

   夏の間品切れとなっていました『りんご(茜}のジェラード』がまた登場します!

   昨年特別な製法で1年分の茜のりんごをストックしたのですが、予想以上に反響が良く、早くに品切れとなってしまいました。今年も茜のりんごが収穫されて入荷できましたのでまたジェラードとして販売致します。

   茜は小ぶりなサイズで酸味が活きています。煮ても煮崩れしにくく、焼き菓子にしてもすがすがしい酸味が活かせるという事もあり、ならばジェラードとしても酸味を上手く利用できるのではないかとこの茜の品種を使っています。

 

 

   ジェラードと添えてあるパイにシナモンシュガーを軽く振り掛けてあります。パイと一緒にお召し上がり下さい。まるでアップルパイのような味、風味で美味でございます。

   以前より少しばかりパイを進化させました。ほんの少しの進化なのでおそらく気付かれないかもしれませんが、より美味しくなるように心込めてです。常に進化、お客様により満足して頂けるように。

 りんごの形をしたパイも添えられることもあります!写真じゃ伝わらない風味を感じていただけたらと思います。

 近くもうひと種類新作デザートが出来上がる予定なのでそちらもぜひご賞味ください♪

こころの筋トレ◆Т蕎陲瞭鷭泥皀縫織螢鵐

  • 2017.10.30 Monday
  • 18:05

 わたしのいまの<こころの筋トレ>の水準は、車の免許で言えば、仮免を終え、ようやく免許をとったところです。まだまだ日常の実際の実践的運転ではちょっと難しいところではギクシャクしているけれど、運転のコツを身につけつつあり、あまり込まない道では運転できている状態と言えますね。手

 

 前回の<こころの筋トレ で書いたように、還暦を過ぎた3年くらい前から感情のコントロールが非常に難しくなってきました。普段はグ〜タラ・ぼんやり生きているはずなんですが、簡単に言うと、朝起きるのが非常に辛い(精神的日内変動)、ちょっとしたことで自信を失い・落ち込んだり、元気が出ない・どうでもいいことにも不快な気持ちになり、かといって、仕事でそれを見せるわけにはいかないため、頭から離れなくなってさらに不安になるといった症状です。心配・悩み・不快の加速的雪だるま感情ですね。

 

 なぜこんなことを開陳するのかと言うと、新聞などでも、わたしのような人が増えて、カウンセリングの本や雑誌がブームになっているという記事が出ているからです。←おう、おや爺も、とうとう流行の大波に乗ったか!hirasan 


 碌でもない生き方をしてきたので、もともと何年か周期で、気持ちが極端に落ち込むことがあったのですが、精神的肉体的若さの力でそれを乗り越えてきたのが、今になってわかりました。このままでは快活に老後を送ることができなくなるのは明らかなので、理論的・実践的に納得できる方法で取り組んできたのが、<こころの筋トレ>とわたしが勝手に名付けている、感情のコントロール技法です。

 

 正しくは<感情の二重モニタリング法>と言われるものです。専門家に軽視され、世間でもあまり知られていない日本の生んだ独創・練達の心理臨床家・河野良和氏が発見・開発した臨床心理療法ですね。もともとはノイローゼや心身症などのために開発されたものです。
 

 はじめに禁忌事項を書きますね。

 

−吃臓精神分裂症などの診断を受けた人は独習できません。必ずこの技法のトレーニングを受けた専門家の指導のもとでしなければ、悪化する危険があります。観念的自己主体に自然体で気づくことが格段に難しいからです。ネット上では何人か二重モニタリングの専門家として検索されますが、共著のある大多和二郎氏以外信頼できる方がわたしには見当りませんでした。

 

∋劼匹發呂任ません。観念的自己主体(自己のアイデンティティ)を意識するのは、18歳以上の思春期を過ぎなければならないからです。

 

A六麓圈Σ鰐郢瓩硫鰐鄂翰教育研究所のホームページはありますが、ご高齢・ご病気で、もう研究・臨床カウンセリングは止められております。電話などをかけたりしてご迷惑をかけないようにしてくださいね。
 

 なんかめんどくさそうですが、とはいえ、わたしでも本による独習は十分可能だとおもいました。実際河野・大多和両氏は独習紹介本を出版するにあたって集団の臨床データをとっています。

ヾ蕎陬皀縫織螢鵐案門編 大多和二郎著 河野良和監修 河野心理教育研究所

感情モニタリング実践編 河野良和著 河野心理教育研究所

G困澆防蕕韻覆ぁ_鰐醂貧唾 PHP出版

た┫胸彪稻,農格が変わる 大多和二郎著 祥伝社

 

 こう書いてどうなのって、言われそうですが、全部絶版です。が、アマゾンの古本から購入できます。ぁΝが一番低価格、感情モニタリングの中で一番新しい書籍です。なんか安っぽいハウツー物みたいな題ですし、誤解させやすいところもあるし、成果が出るまでの日数を短めに書いている傾向がある(←ただ単におや爺がどんくさいので時間がかかっただけかも……暑い)という弱点はありますが、お勧めです。これは言語過程説を唱えた東大教授・時枝誠記を正しく継承した言語学者・三浦つとむの場合と似ていますね。彼の『日本語とはどういう言語か』は素晴らしい内容なのに、装丁が軽いので、内容の独創性が誤解されている気がします。

 

 出来れば、,梁臑刃造気鵑遼椶畔四僂垢譴弌↓・い亮綸世亙箒されて、すばらしく独習向きになる、と言うのがおや爺の考えです。△睫滅鬚い鵑任垢、古本市場で相当高くぼったくっているので、どうしてもという方以外はお薦めしません。

 これから書くことは、素人の独断とバイアスに満ちていますから、眉に唾をつけて読んでください。ヤッタv←おや爺の記事ってみんなそうですが……。お願い

 素人のわたしが、この何年、精神医学や心理学のカテゴリーの本をざっと読んだ印象は次のようなものでした。

続きを読む >>

韓国から、はじめての団体様

  • 2017.10.28 Saturday
  • 00:35

 今まで、個人のお客様で韓国からいらしたお客様はいました。先日初めて、団体の韓国からのお客様の受け入れでございます。招待された日本のお客様は、北海道に住む韓国・朝鮮人の料理を、韓国人のお客様にお見せしたいということでございます。唯一のご希望は,ジンギスカン焼を多めに入れてくださいとのことでした。おぅ、それはそうですね、北海道と云えばジンギスカンですがな。

 税抜き3000円のおまかせのコースが御希望でした。

 

 う〜ん、何を入れよう、迷うおや爺でありました。でも日本でわざわざ焼肉を食べてもらうとなると、A5ランクの特選和牛の一つでもお召し上がりいただいて、ぶいぶい言わせたいのが北海道で焼肉屋を営む者の人情というものでありましょう。と言う訳で作った日本語のメニュー表と、奥さん直筆の韓国語のメニューでございますね。

ヾ攅颪梁臚Δ發笋靴蓮日本と同様に、ほとんどが中国産の大豆を使っているので、ここはまず岩見沢産青大豆を使った精養軒自家栽培もやしで、大豆の甘味を味わっていただきたい。味付けも、いつもより辛いヤンニョムを使った味付けと、韓国にはない味付けもございます。

 

△海了期北海道と云えば長芋でございましょう。韓国でも珍しい長芋キムチを、普段より辛めの味付けでお出ししました。なんと言っても韓国人は辛いのが好きですからねぇ。でもやや甘みの強い味付けでもあるので心配しておりましたが、美味しいと追加注文のオーダーがありました。やった〜、大丈夫なんだぁ……。

 

精養軒の人気の自家製豆腐。日本中に自家製豆腐はよくありますが、豆乳から作っているところはそう多くはありません。今回は地豆の中でも北海道らしい黒千石を加えました。

 

ぢ緝重な韓国料理のひとつ、チャプチェ。韓国のものと何が違うのでしょう? 筍の代わりに、北海道が開発したジャガイモ・キタアカリを使い、和牛肉の風味を加えた味付けでございます。

 

テ本の食材・梅干し(本当は中国由来だけど韓国は経由していない)ベースのタレを使って食べる塩焼です。

 

ΑΝГ妊ツンと特選和牛を目と舌で堪能していただきたい。おぅ、写真を撮っておりますね。でも韓国のお客様によると良い肉は何も味付けず、焼いた後塩をつけて食べたいとのこと。それも一理あるけど、いい肉を日本の醤油を使ったもみタレで食べると独特の香ばしさが出ることも知ってほしいところです。

 

╂才楔創業以来(60年前)の味付けでございます。

 

韓国ではホルモン系は丸チョウが多いので、豚の胃を使ったものは珍しいようすでした。

 

韓国のキムパプと何が違うのかと言うと、味で言えば、韓国はカニカマを入れますが、精養軒は和牛肉を使うので旨味が違いますね。海苔も違います。韓国では海苔巻用の厚手の海苔を使いますが、これが不味い。見た目がよく巻きやすいのですが、安売りしている日本の海苔みたいに海苔の風味がしないのです。精養軒では見た目は薄くてしょぼいのですが、海苔の香ばしい香りと味がする、韓国のパレトルキムを使います。そして、宮川さんが開発し、出村店長がスキルアップした、ティアドロップ形のキムパプをきれいに盛り付けます。

 絶賛の嵐ですがな!! 出村、鼻た〜かだかでございますが、韓国キムパプのようにすぐ作れない。もっと食べたいと、追加をたくさん頂いたのですが、出来まへん。なぜすぐ作ってくれないのか不思議がる韓国のお客様でございました。

 

精養軒が15年以上かけて開発した手打ち冷麺。韓国冷麺や北朝鮮のピョンヤン冷麺と何が違うか? 一番の違いは、湯練りしないことです。(←日本の手打ち蕎麦理論から学びました。でもに日本蕎麦とは食感はまるで違いますが……。)2番目の違いは麺線の太さ。精養軒の麺線は、昔の冷麺の太さです。現在の韓国・北朝鮮の冷麺よりかなり太い。さらにスープが違います。李朝時代の冷麺のように高麗雉(岩見沢産)を使います。さらに日本が独自に作り上げた出汁・鰹節も使います。韓国人に受け入れられるのか? 

 食べ残しなし!! 皆さん残さず食べて頂きました。韓国語のメニューも5冊中4冊持って行かれました。日本語メニューも5冊中3冊持って行かれました。

 

 奥さん直筆の韓国語のメニューでございます。本当は息子から韓国語入力もできるようにしてもらったのですが、フォトショップに入れることができず、次回の課題となりました。

 料理に本場なし。現代美術同様、その場その時・ヒア・アンド・ナウ(here and now)の<現在を味わうことで、過去と未来を見ることができる>精神でございます。朝鮮・韓国料理も、韓国や北朝鮮ばかりではなく、ロシア・中国・アメリカをはじめ世界中に色々な形で、その時代、その時々に存在します。お互いに、おれがオレがと、狭い了見で、いがみ合わず、健闘を認め合いながら存在すれば、世界は争いもなく平和になると思う、なんちゃっておや爺でございます。

 

 実は次の日、韓国から、たどたどしい日本語で電話がかかってきました。北海道で韓国料理を食べたいということらしいのです。でも電話の状態が悪く何回か掛かってきて、すぐ切れてしまいます。もしやこの団体様のお客様から広がったのではと推測するおや爺でございました。

 

2017年初めての紅葉:道道141号

  • 2017.10.13 Friday
  • 11:27

 苫小牧にある超繁盛店マルトマ食堂と手打ち蕎麦店に行ってきました。飲食店をやっているので、違う業種でも食べ歩きをしなければいけません。手打ち蕎麦は、新蕎麦時期に特によく行きます。同じく蕎麦粉を使う精養軒の手打ち冷麺との食感を含めた違いを確認する必要があるからです。先日三笠高校で講演会がありました。地元農家と力を合わせて新しい食材としての魅力を作り上げる山形の奥田政行シェフです。面白く学ぶことの多いお話しでしたが、非常に身につまされる話があります。

 『夢や志を持つ調理人はいっぱいいた。けれど店を繁盛させなくてはそれを実現させることはできない。』

 奥田シェフは彼のかかわったすべての店が超繁盛店になっているそうです。

 『ひととひとのつながりを大事に。約束を守る。信頼する。』

 それについて、失敗した、ある有名なシェフの話をされていましたね。

 

 わたしは人づきあいが苦手です。精養軒は経営的に全然甘い。わたしたちのようにバックのない人間は、最低限の社交性や政治性がなくちゃだめだなぁ、と思わされたことでした。

 

 店中、天井まで、訪れた有名人の写真や色紙が貼られていたマルトマ食堂を後にして、道道141を通って、樽前山・支笏湖わきを抜け岩見沢に帰ることにしました。今年初めての紅葉を見れるかもしれません。晴れた日の紅葉もいいんですが、雨の日の紅葉もなかなか風情がありますね。モノトーンの空と雨に濡れた道路。

au1.jpg

 紅葉と一言で言えても、一つとして同じ色彩がありません。

au3.jpg

 黒い幹と枝に、対照的な色彩の世界です。

au4.jpg

 

au2.jpg

 あ〜、いい気持ち。なんて奥行きのある色彩の世界でしょう。

 右コーナーを回ったところで、道路わきに車を止めて、見知らぬ老人が、雨の中、木から次々に舞い降りる枯葉に、両手を広げて触れようとする不思議な光景に出合いました。

 一期一会のおじいちゃん、達者でね!!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM