海鮮入り、旬のアスパラチヂミ今日から始まりました。

  • 2019.04.19 Friday
  • 01:38

 先日まで精養軒のチヂミは三種。インカの目覚め・新ニラ・小ねぎでした。今日から、海鮮入り、北海道産、旬のアスパラチヂミが登場です。北海道では、7月までが旬でしょうか。

 

 早速注文をお受けしました。女性お二人のお客様。お持ちしたわたしの耳に、こんなチヂミなんだ。おいしいと話されている声が聞こえます。そうです。精養軒のチヂミは今インスタントでよくあるのモチモチ系ではなく、サクサク系です。

 一緒に注文された手打ち冷麺にも、蕎麦粉9割5分に驚かれていました。蕎麦の色なのに、全然(日本)蕎麦と食感が違う。おいしい!とお連れの女性の方におっしゃっています。←おや爺、わざとゆっくりお客様のお席を離れて、ダンボのように聞き耳を立てるのでありますね。

 北海道の焼肉店の主流、盛岡冷麺を予想されていたのでしょう。

 ところがどっこい、精養軒、どのメニューにも精養軒の切り口をご用意してお待ちしておるのでございます。

 現在、岩見沢産蕎麦粉は、岩見沢手打ち蕎麦同好会の松重さんから頂いております。左はルビーという蕎麦の実。色が赤いのだそうです。7月に播いてみてくださいとのことでした。

こころの筋トレАЩ実と意識 感情には感情で

  • 2019.04.14 Sunday
  • 14:59

 片方ずつ目を閉じてみると、視野がまるで違う。左目はくっきり見えるのに、右目は、白く薄い幕がかかったように見えるのだ。真冬の運転が非常に怖かった。吹雪になると道路左端の車道と雪山の境界がわかり辛くなるのだった。今思えば左肩と首の左側が異常に凝っていたのも、左目に無意識に負担をかけすぎていたせいかもしれない。右目が加齢性白内障だったのである。

 四日前の10日に、白内障の手術を受けた。(このブログを読んでいる方もいづれ受ける機会があると思うので、白内障の手術の体験は別の機会に書きます。)

 

 手術を終えて眼帯を外したたときの驚きは忘れない。目の前の70過ぎのお医者さんの肌の色のきれいなこと!! 誤解のないように言うが、先生の肌がきれいなのではない(失礼!) 先生はお年を召しているから、相応にしわがあり、シミもある。(再度失礼!!) わたしが感動したのはそれにもかかわらず、ひとの肌の色というものが、年齢や男女とはかかわりなく、こんなに鮮明で、きれいなのかということだった。多分目の前に黒人や白人の医者が座っていたら、その黒さや白さに感動したと思う。そうしてゆっくり頭を回して世界がくっきり鮮やかに見えることに驚いたのだ。片目ずつ閉じて世界を見ると、以前とは違って人工の眼内レンズを入れた右目の方が、くっきりと見えるのだった。サイボーグ009にでもなった気分だった。←古すぎ!!

 

 さらに驚いたのは時間の経過とともに次の日には、脳の視覚野のせいなのかどうかわからないが、あっという間に、その左右の鮮明さのズレに慣れてしまうのだった。もしかしたらこれはわたしだけなのかもしれない。脳(わたしの)の慣れというのは偉大(?)ともいえるし、いくばくか悲しいともいえる思いになった。

 

 これだけ短期間で、同じものを見ているのに違う体験をすると、事実と意識(思い)とは何かを考えさせられてしまう。同じものを見ても、ひとは同じ意識(認識)の仕方をするわけではない。思い違いということもあるだろう。当たり前だが、意識(認識)はその意識(認識)対象によっても規定される。そうは言っても、ある一つの事実に対して、ある人の意識では喜び(や悩み)となり、ある人は悲しみ(や心的ニュートラル)となることもあり得る。心理学者のグレゴリーの有名な言葉『わたしたちは、ものごとをあるがままに見ているのではなく、(そのひとが)知っているように、思っているように見るのだ』を引用しながら、心理臨床家の河野さんは、唯物論者と唯心論者の両方をこう揶揄している。

 

「私としては、唯物論者に対しては、『あなたの見ている物はだれが見ているのか。その物が見る人によって違う見方がなされていることをどう説明するのか』とたずね、ものを意識する心の働きに関心を誘ってみたいし、唯心論者には『あなたは何を見ても全く違いがないとでもいうのか。それならあなたの持っている1万円札とわたしの持っている1円玉を交換してくれるのか』とたずね、意識対象になっているものの存在にも目を向けることを促してみたい。」

 

 いかにも心理臨床の・洒脱で・骨の髄からの実践家・河野さんらしい啖呵といえようか。自然科学好きとしては、ここで唯物論の立場を少し弁護したい気もする。河野氏が挙げた唯物論者は、言語学者・三浦つとむ風に言うと、唯物論者(ゆいぶつろんしゃ)ではなく、唯物論者(タダモノロン者)になろうか。ものと認識(意識)をつなぐ必須の反映論(観念的二重化の論理)がないからだ。だが唯物論哲学者たちは、感情の、実践的な・大事な役割をだれも論じていないのではなかろうか。<感情は不分明な知>なんて言われますからね。

 

 河野さんは、この事物と認識(意識)の反映論に、感情の持つ、ひとにとって大事な役割を位置付けて、いまを生きる個々の人々の悩みや喜びに即した・生きるための実践的個別心理学を作り出そうとしたように思える。

 彼が発見し開発した感情モニタリングを支える論理を要約すると以下になろうか。

 

,劼箸里△蕕罎覦媼院頁Ъ院砲砲牢蕎陲鯣爾Α

 

⊆己のこころの現在位置を知るためには、現在の感情の流れに気づくことが決定的に重要である。

 

4蕎陲呂錣るものではなく、感じることこそが重要である。

 

ご蕎陲砲牢蕎陲蚤弍する。(ネガティヴな)感情に、意志や努力・論理で対応する(抑え込もうとする)とさらに悪化する。それらは感情にとって二義的な要素である。

 意思を実践的認識と規定したのは、唯物論の主体性論争に投じた素粒子論物理の武谷三男だったと思う。10代の学生の頃初めて目にしたとき、その簡潔な定義にスゲ〜なぁと思ったものだ。だが感情の大事な実践的役割は語られていなかった気がする。

 

イ劼箸隆蕎陲蓮∋物によって引き起こされる反応性感情と、それに対応する主体的感情がある。

 

Δ罎襪気づいた主体的感情によって、ネガティヴな反応性感情の、ひとにとって本来持っている積極的意義を、自然に自覚しうる。

 

Г劼箸麓己の心の主体となれる。

 

 こう列挙すると、なにを当たり前のことを、と思うかもしれない。河野さん自ら言っているように、当たり前では、ある。当たり前のことを当たり前にやるのが心理臨床だとも書かれている。けれどこれらを技法に忠実に取り込みながら心理臨床として実践しているのは、他にないのではないか。

 例えば、似ているように見えて、アメリカの心理学者ジェンドリンのフォーカシングと決定的に違うのは、現在の感情の流れに感情の意義を置くために、感情を言葉で無理に理解しようとはしないことだ。言葉による概念化によって、こころの現在地(いま)を知る上で最も大切な、今現在の生きた感情を感じられなくなる恐れがあるからだ。

 また感情を観念的二重化と関連付けその臨床意義の重要性を発見したことも大きいように思える。

 言葉・文章による概念化(論理化)によって、心理的解決を図るというのは、哲学者であり心理学者でもあったウイリアム・ジェイムズなども娘への手紙で、確信を込めて言っているところをみると、歴史的にゆるぎない・西欧的考えなんでしょうね。そういう点では、この感情モニタリングは、方法的には、東洋と西洋の精妙な合体ということになるだろうか。

春の少女: here comes the sun(春の陽が差しているよ!) ジョージ・ハリスン

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 16:48

 朝、4月の一週が過ぎたのに、天気はみぞれ模様。10時頃には止んで陽が差し始めていた。いつも買い出しに出かけるスーパーからの帰り道、歩道を、母親と歩く4歳くらいの帽子をかぶった女の子が目に入った。左手に白い絵の入った、彼女には大きめの傘を抱え、右手を振り回して何が楽しいのか、お母さんの前を、嬉しそうにスキップしていた。思わず助手席の奥さんに言った、何が楽しんだろうねぇ、楽しかったこともすぐに忘れちゃうのかねぇ。彼女がそう、そう、と頷いた。

 たとえ頭で忘れても、スキップしていた足の裏で覚えていたらいいのにねぇと、思った。

 

 それは、子供を失った作家の高史明(コウ・サミョン)の言葉だ。自宅に訪ねてきた、死にたいという、見知らぬ子どもへの言葉だった。

「死にたいって、君のどこがいっているんだい?ここ(頭)かい? でも、君が死ねば頭だけじゃなく、その手も足もぜんぶ死ぬ。まず手をひらいて相談しなきゃ。君はふだんは見えない足の裏で支えられて立っている。足の裏をよく洗って相談してみなさい

 しばらく経ってその子から来た手紙には、足の裏の大きな絵とともに、「足の裏の声が聞こえてくるまで、歩くことにしました」と書かれてたのだ。

 

 少女よ、あなたの足の裏は覚えていますとも! 世界中の・見知らぬ街の・ちっぽけな国の・戦火の中の、名も知らぬ少女たちに幸あれ!!

here comes the sun 春の陽が差しているよ!

 

here comes the sun, here comes the sun
and i say
it's all right
春だよ 春の陽が差しているよ。
もぅ、大丈夫!
little darling, it's been a long cold lonely winter
little darling, it feels like years since it's been here
here comes the sun, here comes the sun
and i say
it's all right
ねぇ、長くって寒い、辛い冬だったよね。
ホント、永遠に続くって感じでさ。
春だよ! 春の陽が差しているんだ。
そうさ
もぅ、大丈夫!
little darling, the smiles returning to the faces
little darling, it seems like years since it's been here
here comes the sun, here comes the sun
and i say
it's all right
ね、みんなステキな笑顔。
ホント、ずっとそうだったみたいにさ。
春だよ! 春の陽が差しているんだ。
そうさ
もぅ、大丈夫!
sun, sun, sun, here it comes
sun, sun, sun, here it comes
sun, sun, sun, here it comes
sun, sun, sun, here it comes
sun, sun, sun, here it comes
春、春、春の陽が差している!!
春だよ!
little darling, i feel that ice is slowly melting
little darling, it seems like years since it's been clear
ね、氷もゆっくりと解け始めている感じ。
ね、ずっとそうだったかも!
here comes the sun, here comes the sun
and i say
it's all right
here comes the sun, here comes the sun
it's all right, it's all right
春だよ! 春の陽が差しているんだ。
そうさ
もぅ、大丈夫!
春、春、春の陽が差している!!
  (作詞・作曲:ジョージ・ハリスン 訳:おや爺)
 白内障手術のため10日から15日までお店はお休みします。よろしくお願いします。

精養軒前へ編:今現在の手打ち高麗雉冷麺の自己評価

  • 2019.03.31 Sunday
  • 02:06

 今日のお客様の中で、当店の手打ち冷麺に関する二つの評価。

 東京に住んでいらっしゃった、現在札幌に住む韓国人のお客様。『ノム・マシイッソヨ(とってもおいしかったです。)』

 

 カウンター席に座られて、初めて手打ちピビム麺を食べられたお客様。『珍しい味の麺。日本蕎麦のように見えて違う食感。』

 

 当店の手打ち冷麺は最初に店に出すまでに15年以上かかり、30年目。今ようやく目標に近づきつつある麺料理です。北海道の冷麺は、というか、日本中のほとんどの冷麺は、業務用のインスタント麺です。さらにその中でもほとんどが盛岡冷麺スタイルの蕎麦粉の入っていない冷麺か、入っていても数%の麺です。一方韓国・朝鮮の有名どころの水冷麺は表向き、基本蕎麦粉が主体です。蕎麦粉入りの冷麺と、日本蕎麦は何が一番違うのか? その腰です。冷麺の場合、麺の腰と結着力を高めるために、湯練りします。精養軒では、湯練りしません。湯練りしない、腰のある冷麺をつくるのに15年以上かかったのです。

 

 なぜ湯練りしないのか? 日本蕎麦を打つ方なら誰でもわかると思いますが、湯練りすると、蕎麦の香りがその場で立ち上がり、後は急激に,味も香りも劣化します。蕎麦の味と香りにとって、湯がベストなのは、麺を茹でるときだけ。

 

 では、湯練りしないで、水冷麺の腰をどう作るのか? 今精養軒の冷麺は蕎麦粉9割5分。加水率・57%から60%。実験のため、時々で配合は変わりますが、岩見沢産・北海道産の蕎麦粉のブレンドです。いつか自家製紛にも挑戦してみたい。

 蕎麦の味があり、独特の腰のある、どこにもない手打ち冷麺にようやくたどり着いた思いであります。←遅いぞ、おや爺!!(`ヘ´)ノ☆(#>_<)ピシャ

 スープも進化していますがその話はいづれまたの機会に……。

休日の楽しみ:朝鮮の民謡 江原道(カンウォンド)・アリラン チョー・ヨンピル

  • 2019.03.27 Wednesday
  • 02:22

 え〜、何度も書いておりますが、休日は家族で奥さんの手料理と、生協で夜7時に半額となったお刺身を食べながらユーチューブを観るというのが定番でございます。先日のお休みに息子が教えてくれたチョー・ヨンピルのアリランが、何かと感慨深く、なかなかイケていたのでございます。

 

 アリランというのは朝鮮の代表的な民謡で、各地域にそれぞれ独自のアリランがあります。アリラン峠という、朝鮮に実際には存在しない峠を越える物語です。一度ブログで真壁仁の詩・『峠』紹介したことがあります。

 江原道(カンウォンド)アリランはその中でもとくに有名なバリエーションです。アリ、アリラン、スリ、スリランなんていう語呂のいい合いの手が入って、聴いたたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 実はわたくし,どんな曲も聞くんですが、演歌だけは苦手。『釜山港へ帰れ』で有名なチョー・ヨンピルも苦手。ですが、これはいいですなぁ。バブル時期の、今では金泥臭い躍動感・余りと言えば、あまりなイケイケ肩パッド・自信溢れる時期(?)のチョー・ヨンピル。1990年代の政治的に少しづつ自由になりつつある韓国の空気も感じられます。ちょっと音質が悪いのが玉にキズですが、どうぞお楽しみください。

 民謡版k-popです。

 

精養軒前へ編:新豆青大豆による自家栽培もやしナムルづくし

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 00:52

 新蕎麦・新米は、収穫したその年の12月末までのものをいいますが、豆類はそうではないようです。なぜかわかりませんが……。暑くなる前6月までは新豆扱いのようです。さて精養軒のもやしナムルに使われる大豆はいつまで新豆とするかと申しますと、立派なメルクマールがあるのでございます。←実は先日そのことに気がついた。ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

 

 それは、茹で時間。新豆状態のナムルの茹で時間と、一年経った大豆のもやしナムルのそれは、実に20倍以上違います。新豆時期は、あっという間に柔らかくなりますね。

 味的に言うと、やはり新豆時期のナムルはひときわ格別に甘く香ばしい。もやしナムルのゆで汁はスープとして使われますが、これも新豆時期は雑味がなく、相当甘く、濃厚です。多分今年は4月ごろまでは確実に新豆の状態のナムルでお出しできるはずです。

 

 というわけで今が旬!! 日本だけでなく韓国でもほとんどが中国産の大豆を使ってもやしナムルにする中、精養軒は地元大豆を使って、厨房の片隅で自家栽培しております。←地元企業・共進工業さんの配管技術をお借りした自作の栽培器・パイザ28号で栽培中。

 あっ、元店長出村さんの焼肉店・一ノ十もやっておりますね。

 3種の味付けでお出ししている精養軒の自家栽培大豆もやしナムル尽くし。さらに味を進化させ、満を持して発売中です。

 手前から、自家製煎り大豆、ごま油と塩の味付け、中央、朝鮮の複合調味料・ヤンニョムジャンによる味付け、奥は、イタリアンのまねっこをした、おや爺独自のペペロンチーノ風ナムルの味付けでございます。

2019年、8年経った3月の新聞から

  • 2019.03.25 Monday
  • 12:04

 東日本大震災から8年が経った。復興庁がまとめたいまだ避難生活を強いられている人(自主避難者を今回の統計から除いているという)が5万人以上いるという報道に改めて戦慄するとともに、恥ずかしさが湧きあがるのはなぜか。何も知ろうとせずに自堕落に生きているせいなのか、自分でも理由がよくわからないでいる。

 

 今年3月の新聞記事からこころに残った記事を載せてみる。

a1.gif

 残るひと、残らざるを得ぬひと、強制避難させられるひと、自主避難するひと。この記事を目にするとそれらすべては、強いられる人々としか思えない。それにしても美子さんのこのエピソード。今の社会なら見つかれば、写真にとられ、ネットで袋叩きにされる気がする。いつまでもこの美子さんの行為が、教師として・人として、ごく当たり前の、温かい笑いを誘う行為とみなされる社会であることを願わずにいられない。いつもわたしが励まされる・京都で闘病生活を送る若い畏友・石橋さんにこの記事を送った。

a3.gif

 高橋知事がこんな発言をされていたのを初めて知った。高橋はるみさんと政治的な考えは違うひともいるだろうが、わたしはこういう発言に深い感動を覚える。素粒子論物理学の武谷三男が、特権と人権の論理という考えを提唱した。何かの判断を下すときそれが裸の人の横のつながりになる・人権、パイザの論理か、上下関係の・人を分断する特権の論理か見極めることによって判断の間違えを防ぐというものだ。

a2.gif

 鶴瓶がアポイントなしで市井の人を訪ねるというテレビ番組をたまたま見た。福島のプレハブの避難所に生活する人だった。カメラに目もむけず、家の外にうずくまるようにして黙っている年老いた女性と、ちょっと手が触れただけで心底楽しそうに笑う、箸が転んでも笑う独り身の80過ぎの女性だった。映像は前者の女性を一瞬映して、快活な女性のインタビューがメインだった。震災を機に、それまでの生き方をやめて笑うことに決めたの、笑って一日を生きることにしたというのだ。その笑うさまがおかしくて、つい周りの鶴瓶やテレビクルーも、テレビを見ているわたしも笑いだしてしまうのだった。同じ過酷な震災・原発事故に対して、二人の女性ありようの、ひとの心の振幅の広さに、二人の女性のこころに、自分の心を重ねたい思いにかられた映像だった。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM