人生初めて、東欧・ハンガリーから、クリスマスプレゼント

  • 2017.12.11 Monday
  • 19:27

 以前このブログでも紹介した、精養軒元バイトユリさんの世界一周バックパッキングの旅ブログ・紺碧journy。最新ブログの11月段階ではギリシャでした。10月は東欧諸国を歩きまわっています。ゆりさんはそう言うつもりで書いてはいなんでしょうが、希望がわいてくるブログです。

 

 人生初めて、東欧はハンガリーから荷物が送られてきました。たぶん2ヶ月くらい掛かっていると思います……。

y1.jpg

全然読めね〜、ハンガリー語。よくみるとゆりさんじゃぁ、あ〜りませんか!! あ、

ありがと〜!!!

 とりあえず活字フェチのおや爺、包まれたハンガリーの新聞を全部開いてみる。全然読めね〜、ハンガリー語。

y2.jpg

 中からワイン二本と……。

y4.jpg

 

y5.jpg

得体の知れないハンガリーのお菓子ですがな。hirasan

y3.jpg

 そして、ノートの切れ端の、素敵な手紙。

y6.jpg

ありがと〜!!! 

 おや爺、読んで泣いちゃいましたよ。元気の出る手紙。還暦過ぎて、こんな手紙をもらえる人や店はそういないんじゃない? おや爺も、別な世界を旅し続けますよ。また会える日を楽しみにしています。

 ワインは一本、クリスマスに飲んで、もう一本とお菓子はバイトの送歓迎会でみんなでやりますね。

 元気で旅してね。世界の平和がキミを守ってくれますように!手

冬キャベツの水塩サラダ

  • 2017.12.07 Thursday
  • 02:03

 いままで、おまかせのコースやお客様のご要望でお出ししていたサラダがお奨めメニューで登場です。

 春キャベツも美味しい。でもこの時期、キャベツの内側は、甘くて美味しい。

 

 精養軒では、江戸時代から始まったと言われる日本の伝統的な調味料・水塩を作って、各種スープ、焼肉の味付けにつかっています。

 当店で二段煎りしている擂り胡麻・香り豊かな胡麻油と自家製水塩の甘味を、冬キャベツで、シンプルにお楽しみください。

 ひょえ〜、写真に影が……。本当はもっと美味しそうですがな。Docomo_kao18Docomo_kao18Docomo_kao18

 

店長出村のブログ:行列のできるラーメン店

  • 2017.12.02 Saturday
  • 03:58

   つい最近、調理師の専門学校時代の同級生がラーメン屋を営んでいる事を知った。卒業して以来かれこれ15年は会っていない人だが。専門学校は1年制だったので、定期的に集まったり遊んだりする事は全然なく、今でも連絡を取れるのはほんの数人しかいない。

   そんな中、同級生が勤めている札幌すすきのの居酒屋に会いに行き、色々情報をもらった。どこどこのパン屋で働いてるとか、飲食をやらずに他の職種に就いてるとか。そのうちの一人ががそのラーメン屋さんである。

   札幌市内で行列ができる程の人気店である事を聞き、無性に会いたくなり、グルメサイトで定休日を調べて、自分の休みの日に営業している日をチェック。ようやく伺うことができた。グルメサイトは全部を信用する訳ではないが、見たところ結構な高評価。頑張っている姿を想像して自分の事かのように嬉しかった。

『真摯にラーメンに向き合って仕事をしている。』とか、『並んでも食べる価値あり。』など。

 

 

   お話しもしたいので、あえて閉店間際を狙って訪問。15時までしか営業しないのに、30分前に行っても4台停めれる駐車場はいっぱい。周辺をグルッと一周して空くのを待ち、やっと停めれて入店。私のことは気づいていないだろう。ラーメンをスープまで飲み干し、先客が帰られた後を見計らってお話しした。専門学校時代、しっかりした大人に見えたが、当時の年齢は今の自分より年下と聞いて驚いた。19歳だった小僧の私からみて30代はすごい大人に感じていた。今の自分はどうなのだろうかと照らし合わせるとあまり自信がない。みんなそういう感覚にならないのかなぁーと不安にもなる。

   私が専門学校卒業した後、洋菓子屋に就職したことも覚えていてくれた。15年以上も前の事なのに。

   営業終了間際までお客さんが来られてゆっくりお話したかったけどこれ以上はお邪魔になると思い、また来ますと告げお店をあとにした。カウンター席だけの店内だし、子供は連れて行かないでまた一人の時に行ってみようと思う。

   店主の専門学校卒業後からラーメン屋をオープンさせるまでについてなどもっと聞いてみたいと思って。他人の生い立ちが知りたい衝動がある。歴史上の人物のは興味がないが、自分と関わった人のだけが知りたい欲求となってくるのは何なんでしょう。

 

   同級生のラーメン屋さんの詳細をこのブログに載せようか迷ったが、確認を取ってないから店名や外観の写真は非掲載しておこう。ラーメンの写真だけ。

   これからも行列の絶えないお店でいて続けて欲しいと願う。と、同時にこれからの自分についても色々考えさせられる貴重な良い時間となった。

2017年、今年もどうよ、の豪雪岩見沢がまいりました。

  • 2017.12.02 Saturday
  • 02:27

 初雪が10月末、に早々とあったとはいえ、二日前まで雪のかけらもなかった岩見沢市内、寒い秋と申せましょう。その証拠におや爺、お墓の花の雪囲いをしてきたのでございます。と、ところが……。

 いや〜、ナメテはいけませんな、豪雪岩見沢がまたしてもまいりました。テレビにも出ているのかしらん。テレビがないから知らないけんど……。

 この二日の間で、どんだけ〜、というほど降りましたがな。ただいま草木も眠る丑三つ時、午前二時二十分。雪だけが眠りもせず激しい上にも激しく降りまくっております。ようやく齢60過ぎ夫婦の雪かき(除雪作業)が終わりましたがな。

w1.jpg

 ストロボなしの自動撮影のため明るく撮れております。店の前の通り。次はストロボで。

w2.jpg

 実際はこの千倍くらい雪が降っています。前が見えないくらいです。例年の写真と同じ場所、岩見沢の誇る繁華街でございます。

 道路の脇には二日でこんな雪山。二日前のまったく雪のない光景がウソのようです。

w3.jpg

 反対側の通り。道路脇に恒例の雪山。

w4.jpg

 この猛吹雪の中を飲み歩くオジサン、おばさんが結構いますな。命知らずでございます。

 

 市民の大半が眠る真夜中に、市の除雪作業車を動かす、心温かい人たちと、ひととひととの連帯の挨拶を、目でかわせるし、ま、夫婦で仲良く筋トレと思えば、真夜中の雪かきも良きかな、な〜んてね。hirasan

大豆もやし栽培用大豆:2017年度産青豆入荷

  • 2017.11.27 Monday
  • 21:58

 自家栽培もやし用の大豆を今年は例年になく早く入荷しております。一つは岩見沢産黄大豆(品種不明。聞いてもわからないとの答えでした。)中大粒径です。無農薬・手摘み・ニオ積み・天日干しの50kgです。今年3月商売を止められた秋山商店さんが紹介してくれた農家のMさんです。もうすでに使って美味しい大豆もやしナムルとしてお出ししておりますね。

 

 さらに今日去年から使っている恵庭産の枝豆青大豆を農家のHさんから入荷しました。まず5kg仕入れて、大豆もやしとして生育するかチェックしなければなりません。後一週間後に結果が出ると思います。芽が出るのは3日くらいでわかるのですが、その後正常に生育しないもやしが、実は大半なのです。例えばこれ。無農薬・無肥料・手摘み・ニオ積み・天日干しという最強に手間のかかった大豆を手に入れましたが……。

 拡大してみましょう。ちょっと見にはわかりずらいですが、芽の出ない豆、身割れする豆、目が途中で止まっているもの、渦を巻いて成長できないもの、ばかりです。

 芽は出たもののもやしとして生育しそうなものは1/4にもなりません。適宜オゾン水殺菌をするだけの無農薬の水耕栽培なので、この程度の発芽率では、みんな腐ってしまいます。

 以前は捨てていましたが、これを豆腐に使うと甘みが増しておいしい豆腐になることを発見!! いわば発芽大豆ですね。今はおいしい自家製豆乳づくりの貴重な食材です。

 

 さて今回の、枝豆青大豆、うまく生育したらさらに25kg購入するつもりです。これだけあれば、自家製日本味噌・朝鮮味噌2種(テンヂャンとタンボクチャン)用に回すこともできるはずです。

 見た目よさそうですが、こればかりはやってみなければわかりません。青大豆の大豆もやしはまた格別の味だとは、亡くなったオモニの言葉です。

今さらでしょうが、アマゾンのテレビCM

  • 2017.11.25 Saturday
  • 01:29

 昨日、奥さんから、なんのきっかけからか、アマゾンのテレビCMが話題になっていると教えられた。バイクが出ているというのだ。もう何十年も日本では、ヤクザなバイクの出るCMなど放送されたことはないのではないか。これは見なくてはなりますまい。

 テレビのない生活を30年近く送っているので、テレビのある人には、このCMはいまさらかもしれないけれど……。

 ユーチューブで見ましたよ、早速。いい、いいじゃぁありませんか!!手 とりあえず見てない人のために。3篇ありますが、ライダーおや爺としては、やはり最後の作品(映像2分25秒から始まります)が、グッときますねぇ。最初の作品は、誰の曲かわかりませんが、歌詞と内容が実にうまく合っていて、、やはりなかなかのもんです。(:ユーチューブの映像が消えていたので差し替えました。ライダー編だけの映像です。)

 孫が注文したヘルメット、おばあちゃんが若い時かぶっていたメットと同じ星マークなのに気付きましたか? むかし流行ったんですよね。映像の細部がものすごく細かく、凝っています。ただ短いから仕方ないんだけれど、1分半かそこらのCMに、アマゾン・ワンクリックが画面いっぱい、ちょっと主張し過ぎって気がします。もう少し片隅のワンショットで、日本的な一歩下がって主張する奥ゆかしさがあるとさらにイケてる気がするのはわたしだけ? 

 

 ユーチューブのコメントを見ると、日本のCMは素晴らしい、ということが強調されています。確かにすばらしいけど、何も日本ばかりだとも思えませんねぇ。アメリカや、イギリスにもいい作品がいっぱいありますね。以前このブログで紹介して、日本ではあまり知られないまま終わったのは、会社自体が日本になかったせいなのかしら。7分の映像の中で一瞬だけ、CMのメモリー会社の製品が出ます。よかったらこちらもご覧ください。自分が何気なく思っている<日本だけ的日本的>が、あながちそうでもなくて、<ユビキタスな人間的>であることに気づかされ、ハッとします。

 A Memory to Remember 記憶のプラットフォーム

 亡くなった旦那さんの声が刻まれたメモリーを手渡された後、女性と駅員の最後あたりのセリフがいいですねぇ。

老駅員:are you goin' somewhere? やはり、行かれるんですか?

老婦人:well, yes. i can go on from here now. えぇ、そうね。前に進まなくては。

老婦人:i have my memories. 思い出が刻まれているんですもの。

 老婦人の過去に沈んでいた記憶(メモリー)が、過去を生きるためではなく、今を生きるためにあると教えてくれる静かな会話。楽しいものであれ、哀しいものであれ、それは変わらない、ひとのあり方のような気がします。

思い出の歌:涙のキッス サザンオールスターズ 有里知花

  • 2017.11.24 Friday
  • 00:26

 大学時代からの友人で、ギターの名手だった。浪人生の多い大学にいて、同期と云っても周りは年上ばかりだった。ひととの付き合いで、いつもそうなのだが、学部も違うのに、何故、いつどこで知り合ったのか、何も覚えていない。いつの間にか、親しくなり、あっという間に、ほぼ毎日、彼の部屋に入り浸るようになった。

 彼は現役で入学したから同じ年齢のはずだったが、間抜けな高校生同然のわたしよりずっと大人で、民族や国とは何か、アイデンティティとは何か、いつもどうでもいいことに悩んでいたわたしの話を黙って聞いていた。

 間借りの部屋の小さなコンロで、彼が窮屈そうにカレーを作る後ろ姿を見ていた。わたしがあまりに真剣に不器用に問いかけるので、他の先輩たちや同級生が答えにためらっていたことを、Hだけが短く、自分の考えをあっさりと、ごく自然に言った。

 その後、彼が言ってくれた生き方はしなかったが、彼だけが受け止めて、答えてくれたときのことは、40年以上経った今でも、心が震えるように覚えている。

 いつもそうだった。わたしがあまりに自分のことばかり考えていると、短い、彼らしい言葉でわたしを諭してくれるのだ。

 こんなきな臭い・北東アジアに、また再びの「戦争が廊下の奥に立つてゐた」時代になって、今、奇跡のように思う。ずっとなにひとつ言わずにきたが、民族や国の違いが何だというんだろう、きみに会えたことを心から感謝しているんだ。

 元気でいるか?

 ギターの名手・押尾コータローのアレンジ。ギターをたたく音が、彼が誰に聴かせるでもなくこの曲を歌った時のリズムの取り方を思い出させる。好きな人とつながる鼓動のようで……。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM